@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

登録有形民俗文化財

朝日新聞掲載「キーワード」

登録有形民俗文化財
近代に出現した生活用品、工業製品などが対象。重要文化財の指定には至らないが、保存や活用のための措置が必要とされるものが登録される。これまでの登録は全国で36件。香川からは「丸亀うちわの製作用具及び製品」(2011年)、「東かがわの手袋製作用具及び製品」(14年)に続き3件目の登録になる。
(2016-01-16 朝日新聞 朝刊 香川全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

登録有形民俗文化財
とうろくゆうけいみんぞくぶんかざい

1996年(平成8)に創設された登録有形文化財の制度を2004年(平成16)に拡充し、保存と活用がとくに必要とされる有形の民俗文化財を登録の対象にしたもの。「雲州(うんしゅう)そろばんの製作用具」(島根県)、「狭山(さやま)茶の生産用具」(埼玉県)など生産や生業に用いられるもの、「京都の郷土人形コレクション」(京都府)など民俗芸能・娯楽・遊戯に用いられるもの、「竹富島(たけとみじま)の生活用具」(沖縄県)など衣食住や信仰儀礼に用いられるもの等、2019年(令和1)7月時点で44件が登録されている。

[佐滝剛弘 2019年9月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

登録有形民俗文化財」の用語解説はコトバンクが提供しています。

登録有形民俗文化財の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation