@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白亜紀【はくあき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白亜紀
はくあき
Cretaceous Period
地質時代の年代区分の一つで,中生代の最後の。約 1億4500万年前から約 6600万年前までの期間。イギリスとフランスの間のドーバー海峡地域のチョーク白亜)を含む地層という意味で,1822年 J.B.J.オマリウス・ダロアが命名した。アンモナイトベレムナイト(→矢石類),サンカクガイイノセラムスなどの特徴的な貝類が繁栄した。また陸上では巨大な恐竜類が栄えた。植物は白亜紀の前半にはソテツ類などの裸子植物が多いが,後半に入って被子植物が出現する。日本にも白亜紀の地層はかなり広く分布し,太平洋側には海成層が,日本海側には湖成層が堆積した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はくあ‐き【白亜紀】
地質時代の区分の一で、中生代の最後の時代。1億4300万年前から6500万年前までの間。アンモナイト恐竜などが大繁栄したが、末期絶滅被子植物が出現し、また世界的な大海進が起こった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくあき【白亜紀 Cretaceous period】
中生代を三つに分けたうちの最後の時代で,約1億4400万年前に始まり,6500万年前に終わる約7900万年の期間に相当する。その名称は,西ヨーロッパでこの時代の地層のかなりの部分がチョーク(ラテン語creta)からできていることに由来する。1822年J.B.ダロアによって提唱された。標準層序は西ヨーロッパ(南イングランド,パリ盆地,ローヌ地方)で立てられ,約40のアンモナイトによる化石帯区分がなされているが,マダガスカルインド半島カリフォルニア,メキシコ湾岸,北海道などにも良好な化石層序が知られ,それぞれ独自の分帯が行われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はくあき【白亜紀】
中生代最後の紀。今から約一億四三〇〇万年前から約六五〇〇万年前までのおよそ七八〇〇万年間。大規模な海進があり、アンモナイト・ベレムナイト・斧足類・腹足類などが栄え、恐竜類も繁栄した。末期には世界的に海退があり、動物界は激変した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

白亜紀
はくあき
Cretaceous period
中生代を三分したうちの最後の地質時代。およそ1億4500万年前から6600万年前までの約7900万年間に相当する。1822年にベルギーのダロイJean-Baptiste-Julien d'Omalius d'Halloy(1783―1875)によって、西ヨーロッパに発達するチョーク層(超微化石などからなる多孔質の石灰岩)にちなみ名づけられ、その後チョークの有無に関係なく時代名として使われている。
 白亜系(白亜紀の地層)の標準地域には、古くから研究が続けられている西ヨーロッパ(フランスおよびイギリス南部)がとられているが、全時代の地層が連続的に観察される地域は陸上にはない。一部の時代については、マダガスカル、日本(北海道)、北アメリカ(西部内陸とメキシコ湾岸地域)などの海成層も、アンモナイト、イノセラムスなどの大形示準化石(標準化石)を豊富に産し、詳しい分帯がなされている。一般に白亜紀は前期(ベリアシアン、バランギニアン、オーテリビアン、バレミアン、アプチアン、アルビアン)と後期(セノマニアン、チューロニアン、コニアシアン、サントニアン、カンパニアン、マーストリヒチアン)の2期12階に区分されている。数次にわたる海洋底掘削により、大西洋、西太平洋などで白亜紀全期間にわたる連続性のよい微化石層序が知られ、陸上堆積(たいせき)物との対比が進められている。微化石では浮遊性有孔虫、放散虫、超微化石が時代決定と対比に有効で、さかんに利用されている。
 白亜系は世界各地に広く分布し、この時代(とくに後半)の海進が大規模であったことを示す。下位のジュラ系から堆積が連続しておこっていることが多いが、白亜紀末には世界的規模の海退があり、不整合をもって第三系(第三紀の地層)に覆われるのが普通である。動物界の変遷も同様にジュラ紀から漸移的に変わっているが、白亜紀末には恐竜、アンモナイト、ベレムナイト(矢石、箭石(やいし))、イノセラムス、厚歯二枚貝などがいっせいに絶滅して大きな生態系の変革が生じた。この大量絶滅の原因については、大規模な海退、気候変化、火山活動、大隕石(いんせき)の衝突などさまざまな学説が提唱されたが、現在では、メキシコのユカタン半島への大隕石の衝突による全球的地球表層環境の激変に帰せられている。植物界の変遷はこれに対応せず、むしろ白亜紀前半の被子植物の出現をもって大きな時代が画される。海洋でもこのころに強力な捕食者が増え、被食者である貝類は生活場所の移動や新しい適応戦略を強いられた。
 白亜紀は地殻変動が比較的激しかった時代で、とくに環太平洋地域では海洋底の沈み込みなどに伴う広域変成作用や火成活動が盛んにおこり、多くの金属鉱床をもたらした。中東や北アメリカのメキシコ湾岸地域では、この時代の堆積物が重要な油田を形成している。大西洋はおもに白亜紀に始まる海洋底拡大によって生じた。太平洋の海洋底もほとんどが白亜紀以降に形成されたもので、それ以前の海洋底と表層の堆積物は海溝の下に沈み込むか、はぎとられて周辺の大陸縁に付加されている。
 日本の白亜系の分布と層相は島弧(弧状列島)の帯状構造と密接な関係がある。西南日本内帯では非海成堆積物とこれを覆う酸性火山岩が卓越し、中央構造線沿いには浅海成の厚い砂質堆積物が分布する。西南日本外帯では、海成堆積物が東西に伸びるいくつかの狭長な地帯に分布し、その外側のほとんどの部分は白亜紀から第三紀に及ぶ大規模な付加体堆積物で占められている。一方、東北日本では、北上山地の数地に時代の異なる浅海堆積物が点在するほか、北海道では海成白亜系がほとんど全域にわたってみられる。とりわけその中軸部の蝦夷(えぞ)累層群は、サハリンにまで帯状に分布し多くの示準化石を含むので、東アジアの白亜系の基準として重要である。[速水 格・小澤智生]
『市川浩一郎他著『改訂新版地史学 下巻』(1967・朝倉書店) ▽小畠郁生著『白亜紀の自然史』(1993・東京大学出版会) ▽木村敏雄・速水格・吉田鎮男著『日本の地質』(1993・東京大学出版会) ▽ドゥーガル・ディクソン著、小畠郁生監訳『生命と地球の進化アトラス デボン紀から白亜紀』(2003・朝倉書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白亜紀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白亜紀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation