@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白兵戦【ハクヘイセン】

デジタル大辞泉

はくへい‐せん【白兵戦】
刀・などの白兵を手にして行う戦い至近距離での戦闘

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくへいせん【白兵戦】
とは,斬る,突くという機能をする兵器で,,剣,槍など白刃を有するものを総称し,これらをもって行う近接格闘戦を白兵戦といった。白兵に対応するものは火兵であり,火薬ガスの圧力を利用して弾丸を発射する兵器を火器といい,これを使用する戦闘を火戦といった。旧日本軍においては,戦闘経過の大部分を占めるのは火戦であるが,結局は突撃を実施して白兵戦を交え,を撃滅して戦闘に最終のを与えるものであると強調された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

はくへい‐せん【白兵戦】
〘名〙 敵と接近し、刀や剣槍などの武器を交えて戦うこと。
※風俗画報‐二九三号(1904)摩天嶺第一回敵の来襲「前記の外此白兵戦に於ける健闘者の実況を聞くに、伍長山田信吉氏は接戦三名を殪し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白兵戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白兵戦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation