@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白山比咩神社【しらやまひめじんじゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白山比咩神社
しらやまひめじんじゃ
石川県白山市鎮座する元国幣中社。はくさん,白山権現ともいう。祭神はシラヤマヒメノオオカミ,イザナギノミコト,イザナミノミコト。白山山頂に奥社 (白山本宮,妙理権現) があり,修験者の山として知られる。全国の白山神社総本社。例祭5月6日。銘吉光の (国宝) を所蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しらやまひめ‐じんじゃ【白山比咩神社】
石川県白山(はくさん)市にある神社。祭神は白山比咩大神(菊理媛神(きくりひめのかみ))・伊邪那岐(いざなぎ)神伊邪那美(いざなみ)神。全国白山神社の総本社。白山(はくさん)山頂に奥宮がある。白山本「神皇正統記」(重要文化財)を所蔵。通称、白山(はくさん)。加賀国一の宮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しらやまひめじんじゃ【白山比咩神社】
石川県石川郡鶴来町に鎮座。おそくとも9世紀初頭までには成立していた霊峰白山(はくさん)への登拝路の一つである加賀馬場(ばんば)を前身とする。現在は社伝により菊理媛(くくりひめ)神,伊邪那岐(いざなき)神,伊邪那美(いざなみ)神の3座をまつるが,本来の主神は白山比咩神(鎌倉時代以後菊理媛神説が中心)で白山を神体山とする。延喜式内社(小社)で神階は853年(仁寿3)従三位,859年(貞観1)正三位にのぼり,加賀国の一宮

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しらやまひめじんじゃ【白山比咩神社】
石川県白山市三宮町にある神社。奥社は白山はくさん頂上にある。祭神は菊理媛くくりひめ神(本来は白山比咩神)・伊邪那岐いざなき神・伊邪那美いざなみ神。全国の白山神社の総本社。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

白山比神社
しらやまひめじんじゃ
石川県白山(はくさん)市三宮(さんのみや)町に鎮座。通称「白山(はくさん)」。祭神は白山比神(菊理媛(きくりひめ)神)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉(いざなみ)尊。延喜式内社で、9世紀初め白山へ登拝する道の基点として開かれた白山三馬場(ばんば)の一つ加賀馬場(他の二つは越前馬場・美濃馬場)である。また加賀一宮(いちのみや)。創建はさだかでないが、霊峰白山を神体山として崇めたことに始まり、社伝では崇神(すじん)天皇7年と伝える。853年(仁寿3)従三位(じゅさんみ)を授けられ(文徳実録(もんとくじつろく))、859年(貞観1)正三位。中世には白山七社と称し、衆徒3000人を擁したという。白山本宮・白山寺として親しまれてきたが、明治維新後の神仏分離で現社名に改称した。旧国幣中社。例祭日は5月6日、梅枝を古式ゆかしく神前に献ずる梅ヶ香祭が行われる。銘吉光(よしみつ)の剣(国宝)、『白山本神皇正統記(じんのうしょうとうき)』(国重要文化財)以下社宝も多い。[平泉隆房]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しらやまひめ‐じんじゃ【白山比咩神社】
石川県白山市三宮町にある神社。旧国幣中社。全国の白山(はくさん)神社の総本宮。祭神は白山比咩大神(菊理媛神(くくりひめのかみ))・伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)。養老元年(七一七)僧泰澄(たいちょう)が白山山頂に開いた奥宮を本宮とし、白山を神体として信仰された。文明一二年(一四八〇)焼失、ふもとの三宮が本宮に改められた。所蔵する吉光銘の剣は国宝。加賀国一の宮。白山。白山権現。白山本宮。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白山比咩神社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白山比咩神社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation