@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白山温泉郷【はくさんおんせんきょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

白山温泉郷
はくさんおんせんきょう

石川県南東部、白山市の白山麓(ろく)の深雪地にある温泉の総称。国民保養温泉地に指定されている。中宮(ちゅうぐう)温泉、尾添(おぞう)の岩間(いわま)温泉・白山一里野(いちりの)温泉、上野(かみの)の手取(てどり)温泉、白峰(しらみね)の白山温泉・桑島(くわじま)温泉・白峰温泉などがある。中宮、岩間、白山の各温泉は冬季交通途絶のため閉鎖する。岩間温泉から引き湯の白山一里野温泉と桑島・白峰温泉は近年の開湯で、白山一里野温泉のほかは旅館数はさして多くない。

[矢ヶ崎孝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

白山温泉郷
(石川県白山市尾添一里野)
恋人の聖地プロジェクト指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白山温泉郷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白山温泉郷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation