@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白山火山帯【はくさんかざんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白山火山帯
はくさんかざんたい
石川県の白山 (2702m) から日本海に沿って山陰地方九州にいたる火山帯大山火山帯ともいう。福井県の大日ヶ岳 (1709m) ,兵庫県の神鍋山 (470m) ,氷ノ山 (1510m) ,鳥取県の大山 (1713m) ,島根県の三瓶山 (1126m) を経て九州にわたり,大分県の九重山 (1764m) から長崎県の雲仙岳 (1360m) にいたる。おもに第四紀噴出の雲母角閃安山岩から成り火山溶岩円頂丘 (鐘状火山) が多い。白山,城崎玉造雲仙などの温泉が湧出する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はくさん‐かざんたい〔‐クワザンタイ〕【白山火山帯】
白山から、山陰地方の大山(だいせん)を経て、九州の九重山雲仙岳に至る火山帯。大山火山帯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくさんかざんたい【白山火山帯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

白山火山帯
はくさんかざんたい

石川・岐阜県境の白山から、山陰地方の大山(だいせん)、三瓶山(さんべさん)などや周防灘(すおうなだ)の姫島を経て、両子(ふたご)山から九州を横断し、雲仙岳(うんぜんだけ)、多良岳(たらだけ)に至る第四紀の火山帯。大山火山帯ともいう。白山付近の諸火山を白山火山帯、大山以西の諸火山を大山火山帯と別個に扱うこともある。最近では、白山火山帯、大山火山帯の名称は用いられない。東日本火山帯の一部と西日本火山帯の一部にまたがり、マグマの成因的な関連性はない。おもに角閃(かくせん)石安山岩と黒雲母(くろうんも)安山岩またはデイサイトからなるために一括されていた。活火山は白山、三瓶山、阿武(あぶ)火山群、鶴見(つるみ)岳、伽藍(がらん)岳、由布(ゆふ)岳、九重(くじゅう)山、雲仙岳などである。

[諏訪 彰・中田節也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はくさん‐かざんたい ‥クヮザンタイ【白山火山帯】
白山を東縁として中国地方から九州地方北部にかけてひろがる火山帯。大山(だいせん)、三瓶(さんべ)山、九重山、雲仙岳、多良岳などが含まれる。大山火山帯。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白山火山帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白山火山帯の関連情報

関連キーワード

白山白山両白山地白山富士山宝永山両白山地

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation