@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白峰山【しらみねさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白峰山
しらみねさん
香川県坂出市東部にある山。標高 337m。五色台山地の西部を占め,ドイツ人ワインシェンクがサヌカイト命名 (1891) した純讃岐岩の原産地。花崗岩類上に火成砕屑岩をはさみ,讃岐岩質安山岩,讃岐岩が重なる。讃岐岩には古銅輝石質と長石質があり,ガラスまたは金属に似た性質をもち,打つと金属音を発する。中国・四国地方の打製石器の原石となった。山頂近くに崇徳上皇の白峰陵,山腹四国八十八ヵ所第 81番札所の白峰寺があり,山麓一帯にミカン畑が展開する。瀬戸内海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しらみね‐さん【白峰山】
香川県坂出市東部の山。標高337メートル。山腹に白峰寺崇徳天皇陵がある。白峰。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しらみねさん【白峰山】
香川県坂出市東部にある山。標高337m。五色台(国分台)の一峰。四国八十八ヵ所81番札所の白峯(しろみね)寺,保元の乱に敗れて讃岐の配流先で没した崇徳上皇の陵墓がある。白峯寺表参道沿いに立つ鎌倉時代の2基の石造十三重塔(重要文化財)は上皇の供養塔という。【坂口 良昭

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

白峰山
しらみねさん

香川県中北部、国分台(五色台)にある山。坂出(さかいで)市に属す。瀬戸内海国立公園域で、五色台の5峰のうちの一つ。標高337メートル。山腹には四国霊場第81番の白峰(しろみね)寺や、境内に保元(ほうげん)の乱後讃岐(さぬき)に流され、この地で亡くなった崇徳(すとく)上皇の白峰御陵がある。スギや玉樟(たまずさ)とよばれるケヤキの巨木が茂り、静寂境を形成している。

[稲田道彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しらみね‐さん【白峰山】
香川県坂出市東部の山。五色台(国分台)の一峰。山頂北側に白峰寺があり、その境内に崇徳天皇陵(白峰陵)がある。標高三三七メートル。白峰。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白峰山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白峰山の関連情報

関連キーワード

白峰白峯寺富山県立自然公園バルバドスレーンディア湖

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation