@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白描画【はくびょうが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白描画
はくびょうが
墨の描線だけで表わす東洋画一種白画素画ともいう。意識的に彩色を排除し,線のもつ芸術性を生かして対象を表現する。中国,漢代から行われ,唐代に呉道子らによってその様式が完成されたといわれ,のちに宋の李公麟,元の銭選,明の仇英などの名手が出た。日本では平安・鎌倉時代仏教図像が墨線だけで表わされ,鑑賞にたえる白描画と認められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はくびょう‐が〔ハクベウグワ〕【白描画】
白描の技法で描いた覚猷作といわれる鳥獣戯画など。中国では古く白画といわれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくびょうが【白描画】
筆の線だけで制作された絵画であり,白画ともいう。広義には下がき,素描などの未完成品や粉本なども含まれるが,本格的な白描画は色彩をともなわず,あくまで線のみで完成された作品をさす。
[中国]
 白描画の伝統は古いが,六朝・晋の書画兼善の文人の描いたそれが一つの規範となり,盛唐の呉道玄(道子)がこれを復興させたと考えられる。これらの白描画は筆の機能を生かすという点で,書法と深く結びつく。南唐の最後の王李煜(りいく)のように,その書法〈金錯刀〉をその墨竹(鉄鉤鎖)に応用する例もあり,この白描的な墨竹の存在は道釈人物画中心であった白描画に新しい展開があったことを示している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

白描画
はくびょうが

墨の筆線を主体として描かれた絵画。したがって、墨の面的な表現を主とする「水墨画」とは区別される。彩色を施す前の下絵や、粉本(ふんぽん)、素描なども含まれるが、本格的な白描画は線描によって完成された作品である。中国では古く「白画」とよばれ、唐の呉道玄(ごどうげん)によって完成されたのち一時衰退していたが、北宋(ほくそう)末には李公麟(りこうりん)によって復興された。日本においてもその伝統は奈良時代にまでさかのぼり、『麻布菩薩(まふぼさつ)像』(正倉院宝物)などの遺品が残されているが、その技法は平安時代を通じて画家の基礎的技術として継承されていった。また密教図像の粉本の多くは白描画で、院政期にはそれらの転写が盛んとなった。平安時代(12世紀)の『鳥獣人物戯画』(京都・高山寺)は、このような伝統のうえに生まれたものである。白描の「つくり物語絵」も、13世紀に入るとその技術的洗練が進み「白描やまと絵」の様式が確立し、『隆房卿艶詞(たかふさきょうつやことば)絵巻』(国立歴史民俗博物館)、『枕草子(まくらのそうし)絵巻』(東京・浅野家)などの清澄な美感を備える作品がつくられた。

[加藤悦子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はくびょう‐が ハクベウグヮ【白描画】
〘名〙 白描の技法で描いた絵。白画。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白描画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白描画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation