@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白描【ハクビョウ】

デジタル大辞泉

はく‐びょう〔‐ベウ〕【白描】
東洋画で、墨1色を用い、筆線を主体として技法。また、その中国では代に発達。日本では平安時代以降に盛行し、鎌倉時代には繊細な美しさを持つ白描大和絵様式の絵巻類がつくられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はく‐びょう ‥ベウ【白描】
〘名〙 東洋画で毛筆による墨の線だけで描いた絵。また、その技法。中国では漢代に始まり魏・晉時代に完成し、彩色画に対する画法として鑑賞された。日本では平安時代以降に盛行し、鎌倉時代には繊細な美しさをもつ白描大和絵様式の絵巻類などが作られた。白描画。白描法。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕 〔図絵宝鑑‐巻四〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白描」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白描の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation