@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白木屋(しろきや)

デジタル大辞泉プラス

白木屋(しろきや)
株式会社モンテローザが展開する居酒屋チェーン。1983年、1号店オープン。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しろきや【白木屋】
江戸時代の商家屋号。なかでも江戸日本橋通町の呉服・小間物問屋白木屋彦太郎が著名である。初代大村彦太郎可全(1636‐89)は近江国長浜村の生れで,1652年(承応1)京都で材木店を始めた。62年(寛文2)江戸に進出して小間物店設け,徐々に呉服類に手を広げ,木綿繰綿なども扱い,江戸有数の大店へ成長した。本店は京都におき,大村家主人は代々彦太郎を襲名して京都に住み,江戸店は支配人以下の奉公人に任された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

白木屋
しろきや

1662年(寛文2)江戸・日本橋に開業の呉服店白木屋から近代的百貨店へと発展した老舗(しにせ)。1956年(昭和31)東京急行電鉄(現、東急)の経営に移り、東急百貨店日本橋店となった。1999年(平成11)1月に336年の歴史に幕を閉じる。創業者の大村彦太郎(1636―1689)は近江(おうみ)の人。17、18歳で京都へ上り材木商白木屋を開業、27歳で江戸へ出て、一代で呉服商として成功した人物と伝えられている。1886年(明治19)には、いち早く百貨店白木屋に洋服部を開設したり、当主の和吉郎(10代彦太郎。1869―1927)を洋行させ新知識を吸収し、1903年(明治36)には売場を陳列式に改めたりするなど、明治末から大正時代にかけて、百貨店として三越(みつこし)と並ぶ先駆的な経営を行った。1932年(昭和7)12月16日の本店火災は「白木屋の大火」として災害史上有名。

[森 真澄]

『白木屋編・刊『白木屋三百年史』(1957)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しろき‐や【白木屋】
[1] 〘名〙 材木屋のうち、おもに製材した木材を商う店。
※美濃細目村庄屋留書‐天明四年(1784)二月「右与兵衛儀、錦織村加左衛門所持之白木屋株譲受渡世致度願出候に付」
[2] 商店の名。寛文二年(一六六二)、材木商大村彦太郎が江戸日本橋に開業した小間物屋に始まり、のち、江戸有数の呉服商となる。明治以後は百貨店となり、昭和三三年(一九五八)東横百貨店と合併、同四二年東急百貨店と改称したが、東急百貨店日本橋店は平成一一年(一九九九)閉店。志呂喜屋。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

白木屋
しろきや
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
安政5.6(甲府・亀屋座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白木屋(しろきや)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白木屋(しろきや)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation