@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白波・白浪【しらなみ】

精選版 日本国語大辞典

しら‐なみ【白波・白浪】
〘名〙
① 白い波。白くくだける波。
※万葉(8C後)一七・四〇〇六「水門(みなと)には 之良奈美(シラナミ)高み 妻呼ぶと 渚鳥は騒く」
※土左(935頃)承平五年一月二一日「わがかみのゆきといそべのしらなみといづれまされりおきつしまもり」
② (後漢の末、黄巾(こうきん)の賊が西河の白波谷にこもって掠奪を働いたのを、時の人が白波賊と呼んだという「後漢書‐霊帝紀」の故事から、それを訓読していったもの) 盗賊。盗人。〔俊頼髄脳(1115頃)〕
※方丈記(1212)「所、河原近ければ、水の難も深く、白波のおそれもさわがし」
③ 紋所の名。白い波がしらを三つ左右対称にして図案化したもの。
④ 魚、狗母魚(えそ)をいう女房詞。〔大上臈御名之事(16C前か)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白波・白浪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白波・白浪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation