@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白熱電球【はくねつでんきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白熱電球
はくねつでんきゅう
incandescent lamp
ガラス管球内に入れた高抵抗線に電流を流し,ジュール熱によって高温となり放射する光を利用するもの。抵抗線としてはタングステンが用いられ,その蒸発を防ぐためアルゴンおよび窒素ガスが管内に約 0.7気圧封入されている。 T.エジソン木綿糸からつくった炭素線を用いて,初めて電球の実用化に成功 (1879) した。その後,日本産の竹 (マダケの繊維束) が炭素線の材料として大量に用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はくねつ‐でんきゅう〔‐デンキウ〕【白熱電球】
ガラス球内のフィラメント電流を通じて白熱させ、その光を利用する電球。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくねつでんきゅう【白熱電球】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

家とインテリアの用語がわかる辞典

はくねつでんきゅう【白熱電球】
ガラス球内のフィラメント(抵抗体)に電流を通して発光させる電球。1879年にアメリカのトーマス・エジソンが実用化させ、照明用電気器具の主流となった。暖かのある光に特徴があるが、蛍光灯に比べて電力消費が多く、寿命も短い。◇「白熱灯」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はくねつ‐でんきゅう ‥デンキウ【白熱電球】
〘名〙 真空状態、あるいは適当な気体を封入して、ガラス球内のフィラメントに電流を通じ、熱放射に伴って発する光を利用する電球。〔大増補改版新らしい言葉の字引(1925)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白熱電球」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白熱電球の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation