@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白眉可汗【はくびかがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白眉可汗
はくびかがん
Bai-mei Ke-han; Pai-mei K`o-han
[生]?
[没]745
突厥最後のカガン (在位 744~745) 。ウズミシュ・カガン (烏蘇米施可汗)の弟。兄はもと突厥のシャドで,743年にカガンとなったが,突厥のが付せず,まもなくバスミル (抜悉密)に破られた。白眉はこれを継いで 744年に即位したが,突厥内部の混乱を押えることができないまま,翌 745年ウイグルのクトルク・ボイラ (骨力裴羅)に殺され,突厥はここに完全に滅びた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白眉可汗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白眉可汗の関連情報

関連キーワード

ヤショーバルマンティグラト=ピレゼル3世紫香楽宮セルフうどん県内の海産稚アユ採捕量英馬力大乗寺鎮西府イスマーイール派行基

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation