@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白石一文【シライシカズフミ】

デジタル大辞泉

しらいし‐かずふみ【白石一文】
[1958~ ]小説家福岡の生まれ。一郎の子。昭和58年(1983)文芸春秋入社、編集部員などを経て平成15年(2003)に退社し、文筆生活に入る。「ほかならぬ人へ」で第142回直木賞を受賞し、の親子受賞となった。他に「どれくらいの愛情」「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

白石一文 しらいし-かずふみ
1958- 平成時代の小説家。
昭和33年8月27日生まれ。昭和58年文芸春秋に入社,週刊文春などの編集にあたる。平成15年退社し,文筆生活にはいる。21年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞。22年「ほかならぬ人へ」で直木賞。父は海洋歴史小説家の白石一郎双子の弟白石文郎(ふみお)も小説家。福岡県出身。早大卒。著作はほかに「第二の世界」(滝口明の筆名),「一瞬の光」「どれくらいの愛情」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

白石一文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白石一文の関連情報

関連キーワード

新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation