@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白石踊

デジタル大辞泉プラス

白石踊
岡山県笠岡市白石島に伝わる民俗芸能盆踊り一種で、に組んだ櫓の周囲老若男女梵天団扇を手に踊る。同じ音頭で複数の踊りが同時に踊られるという特徴がある。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しらいしおどり【白石踊】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

白石踊
しらいしおどり
岡山県の白石島(笠岡(かさおか)市)の盆踊り。月遅れ盆の8月14~16日に、口説きの音頭と太鼓によって踊られる。一曲の音頭のなかで、さまざまに異なる扮装(ふんそう)をした踊り手が、いろいろな振りを同時に踊るところに特色がある。男踊、女踊、奴(やっこ)踊(笠踊)、娘踊(二つ拍子)などがあり、これは江戸初期の盆踊り図によく描かれている扮装と振りを異にする者による古い盆踊りの姿を残したものと思われる。現在は公民館の広場に櫓(やぐら)を組んで輪踊りの形をとるが、古くは新盆の家の庭先でも踊った。音頭の歌には「山田の露」「和唐内」「賽(さい)の河原」「七回忌」「石童丸」「那須(なす)の与市」「お夏清十郎」など、おもに浄瑠璃(じょうるり)種のものが16曲ほどある。国の重要無形民俗文化財に指定されている。[萩原秀三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白石踊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白石踊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation