@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白磁【はくじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白磁
はくじ
表面が白色乳白色素文磁器総称地肌は透明性を帯び,1350℃以上の高熱で焼かれ,硬度が高い。中国では宋代にすぐれた完成品が多く生産され,江西省景徳鎮窯のものが精巧で,量産されたことで著名。朝鮮では高麗時代の末期,日本では江戸時代の初期に初めて有田で朝鮮風の白磁が作られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はく‐じ【白磁/白×瓷】
白色の素地(きじ)に透明な釉(うわぐすり)を施した磁器。中国六朝(りくちょう)時代に起こり、日本では江戸初期の有田焼に始まる。また、その色。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

白磁
 原料にし、釉薬[ゆうやく]をかけて焼いた白い器のことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくじ【白磁】
灰白もしくは白色のに透明釉ないしは乳白色,白色の釉薬をかけて高火度で焼き上げたやきもの。鉄分を少量含んだ胎で焼いた半磁器のものをいわゆる白磁と区別して白瓷と記すことがある。
[中国]
 後漢時代に華南の長沙漢墓から灰白釉陶がみられ,同じような灰白釉陶がベトナムのタンホアからも出土している。本格的な白磁焼造は,北斉後半の6世紀ごろ,河北,山西,河南で始まった。鉄分の少ない胎に乳白色の失透釉をかけたもので,唐代にはこれに緑釉,藍釉をかけた三彩陶が河南省で焼造された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

白磁
はくじ
白色磁胎に透明釉(とうめいゆう)をかけた磁器の総称。中国で発明されたが、その母体は青磁で、青磁の素地(きじ)と釉(うわぐすり)の中から鉄分を除去して白磁がつくられた。実際にはカオリナイトAl2O3・2SiO2・2H2Oとよばれる組織をもつ、ケイ酸とアルミニウムを主成分とする白色の粘土で素地をつくり、鉄分を含まぬ植物灰とカオリナイトから精製した透明釉をかけ、1250℃以上の還元炎で焼き上げる。[矢部良明]

中国

北斉(ほくせい)時代の562年(太寧2)に没した庫狄廻洛(こてきかいらく)の墓(山西省寿陽県)の出土品に、低火度の鉛釉(呈色剤を入れないと透明体である)を白素地に施したものがみえる。ほどなく高火度釉のくふうがなされたらしく、575年(武平6)に没した范粋の墓(河南省安陽県)から白磁壺(つぼ)と碗(わん)が出土していることから、560~570年代が白磁の濫觴(らんしょう)期といえよう。6世紀以前には高火度釉陶磁の伝統がまったくなかった華北の地で、国運の隆盛を背景に白磁が創造されたと推察できる。したがって、続く隋(ずい)・唐・宋(そう)時代は華北が白磁の主産地となり、唐代の州窯(けいしゅうよう)、唐・宋時代の定窯(ていよう)などの名窯が輩出した。とくに北宋時代の定窯では、白磁の絶頂期を示す優作が焼かれ、牙白(がはく)色の高貴絶妙な名品に白磁の完成をみたのである。
 一方、江南で白磁が焼かれ始めたのは五代のころで、北宋初頭の1000年ごろ、江西省の景徳鎮窯(けいとくちんよう)で釉薬に青みのある青白磁、いわゆる影青(いんちん)が盛んに焼かれて一派を形成し、福建、広東(カントン)の白磁窯も台頭して一様に青白磁を焼き、東アフリカにまでも輸出された。吉州窯、潮州窯、徳化窯なども宋代の大きな白磁窯である。元代には景徳鎮窯で宮中の御用品としての白磁が焼かれ、枢府(すうふ)窯の名で知られる。元代後半、白磁の素地にコバルト顔料(がんりょう)で文様を加えた染付(そめつけ)(青花(せいか))が始まり、銅で釉裏紅(ゆうりこう)を開発し、さらに明(みん)代になると上絵付(うわえつけ)を施した赤絵(五彩)も発達して、景徳鎮の成長は目覚ましいものがあった。白磁はこれら絵付磁器の素地として使われるようになり、主流の座は降りたが、宮廷御器を焼く景徳鎮窯では、明代・清(しん)代とも白磁は祭器の基本として重視されていた。とくに明前期の官窯白磁は、白玉のような滋潤な釉調の名磁である。清代では景徳鎮とともに各地の窯で量産が行われ、白磁は一般の日用品として広く普及した。[矢部良明]

朝鮮

白磁づくりは早くから手がけられ、9~10世紀ごろに、現在の仁川(じんせん)広域市において、陶胎で、白みの勝った焼物が焼かれ、高麗(こうらい)時代の12世紀には全羅北道扶安(ふあん)郡柳川里では美しい白磁がわずかながら試焼され、一部には赤土の象眼(ぞうがん)文様をもつ象眼白磁も認められる。これらが世に高麗白磁として珍重されるものである。1392年に建国された李(り)王朝は明朝を宗主国と仰いだため、明官窯白磁の流れをくみ、京畿道広州郡の官窯では純良な白磁が15世紀以来20世紀に至るまで焼造された。とくに後期の18世紀ごろ分院窯で焼かれた白磁は、清楚(せいそ)な美の頂点ともいえるものである。[矢部良明]

日本

16世紀末の文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役のおり、北九州にきた朝鮮の陶工がその技術を伝えたといわれ、1616年(元和2)ごろ、有田の泉山(いずみやま)(佐賀県)に白磁鉱が発見されて李参平(りさんぺい)が焼造したとされる。当時すでに世界は絵付白磁の全盛期で、純然たる白磁にはほとんどみるべきものがなく、すべては絵付磁器のための素地としたもので、有田でもまもなく白磁・染付の量産が始まり、また赤絵も制作されるようになった。赤絵の素地としての柿右衛門(かきえもん)の濁し手(で)の白磁は名高い。また古九谷(こくたに)、姫谷(ひめたに)などのほか、平戸や薩摩(さつま)などでも白磁が焼かれ、幕末の文化・文政年間(1804~30)には日本各地でつくられ、日用品として普及したが、明治になって京都の3代目清風(せいふう)与平が白磁の美を追求して一つの頂点を樹立した。[矢部良明]

その他

ベトナムでは14世紀に白磁がつくられたが素地は半磁胎で、以後も染付に押され、白化粧地白磁が若干焼かれているが主流にはなっていない。
 結局、西アジアでは白磁は創成できず、日本の輸出伊万里焼(いまりやき)の刺激を受けて1710年代にドイツのマイセン窯で初めて焼造され、ヨーロッパ全土に白磁窯がおこった。ボーン・チャイナとよばれる軟質の白磁もつくられたが、美術性では東洋に及ばず、主流はやはり絵付磁器用の白磁胎として展開した。[矢部良明]
『『世界陶磁全集12 宋』『世界陶磁全集19 李朝』(1977、1980・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

白磁
はくじ
白色の素地の上に透明な釉 (うわぐすり) をかけ,高温で焼きあげた磁器
中国で初めて製作され,のちアジア一帯に広まった。唐代では河北邢州窯 (けいしゆうよう) が名高く,宋代になると技術も進歩して,河北の定州のものが代表的となった。朝鮮では李朝時代のものが有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白磁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白磁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation