@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白米【はくまい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白米
はくまい
milled rice
玄米をついて種皮胚芽などを除いたもので,食用にする胚乳の部分をさす。精米機にかけて玄からぬかを除いて残った白米のどまりは約 92%で,蛋白質と脂肪が減り,炭水化物比率がふえる。また,ビタミン B1 の含有量も少くなり,玄米より栄養価は劣るが,不消化の原因とされる繊維が除かれるので,味も消化吸収もよくなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しろ‐ごめ【白米】
ついて白くした米。はくまい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐まい【白米】
玄米をついて糠(ぬか)胚芽(はいが)を取り除いた米。精米精白米

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくまい【白米】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しらよね【白米】
はくまい。しろごめ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しろごめ【白米】
はくまい。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくまい【白米】
玄米を搗いて、糠ぬかや胚芽を取り除いた米。精米。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

白米
はくまい
籾米(もみごめ)から籾殻を除いたものが玄米で、玄米を精白して胚芽(はいが)と糠(ぬか)層を除いたものが白米である。精白米ともいわれる。玄米全粒に対し重量比で糠層(主として果種皮と糊粉(こふん)層)5~6%、胚芽2~3%、胚乳90~92%である。したがって主として胚乳部分を集めたものである白米は、普通、精白度(歩留り)90~92%である。胚乳の主成分、すなわち白米の主成分はデンプンであり、乾物重量の約90%を占める。また白米は乾物重量で約8%のタンパク質を含む。米は主食として相当量摂取するので、日本人にとって主要なエネルギー源であることはいうまでもなく、さらに植物性タンパク質の給源としても重要である。しかし、そのほか脂質、無機質、ビタミン類あるいは食物繊維の含量は少ない。これは、デンプン以外の成分の大部分は胚芽と糠層に含まれているため、精白の段階で除かれるからである。[不破英次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しら‐よね【白米】
〘名〙 精米した米。はくまい。しろごめ。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しろ‐ごめ【白米】
〘名〙 搗(つ)いて白くした米。はくまい。しらよね。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐まい【白米】
〘名〙 黒米(くろごめ)、すなわち玄米をついて白くした米。精米。
※正倉院文書‐天平宝字六年(762)三月二日・造石山寺所食物用帳「又下白米五
※今昔(1120頃か)三一「一つ船に乗て、暫く可食き白米・酒・菓物・魚・鳥など皆多く入れ拈(したため)て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

白米
 →精白米

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白米」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白米の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation