@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白糸ノ滝【しらいとノたき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白糸ノ滝
しらいとノたき
長野県東部,浅間山の東方山麓にある。千曲川の支流湯川の源流の1つ。標高約 1300m。高さはわずか 3mほどであるが,幅は約 70mあり,数百条の水流が落ちている。軽井沢町北部にあって上信越高原国立公園に属する。付近白糸ハイランドウェイが通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しらいとのたき【白糸ノ滝】
静岡県富士宮市にある滝。富士山西麓の猪之頭湧泉に水源をもつ芝川にかかる滝で,基盤となる古富士泥流層とその上にのる新富士溶岩との境界や新富士溶岩の間などから湧水し,幅約130m,高さ約25mの垂直壁の上部から白い糸をたらしたように落下する。国の名勝・天然記念物。南東方にはこれと対照的に豪壮に落下し,曾我兄弟故事にちなむ音止(おとどめ)ノ滝(高さ25m)もある。東名高速道路富士インターチェンジから有料道路が通じ,富士山周遊観光の拠点となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

白糸ノ滝
しらいとのたき

静岡県富士宮市、富士山西麓(せいろく)にある滝。富士川の支流芝川にかかり、幅約150メートル。高さ約20メートルの壁面にすだれのように落下する景観は特異であり、国の名勝・天然記念物に指定されている。水源は富士火山の伏流水の湧水(ゆうすい)と芝川の伏流水からなるといわれる。隣接して東側には音止ノ滝(おとどめのたき)がある。富士宮道路(国道139号)が通り、富士周遊観光ルートの拠点でもあり、北方には朝霧(あさぎり)高原が広がる。2013年(平成25)に白糸ノ滝は富士山域や周辺の神社、忍野八海(おしのはっかい)等の構成資産とともに「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産リストに登録された。

[北川光雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白糸ノ滝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白糸ノ滝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation