@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白色革命【はくしょくかくめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白色革命
はくしょくかくめい
Inqilāb-i Sefīd
1963年国民投票によって承認されたイランの国王の側からの改革。「国王と国民の革命」Inqilāb-i Shāh o Millatともいう。1950年代イランは政治的に不安定であったが,ムハンマド・レザー・シャーは 1960年代初めに国王中心型の権力確立を目指して,1961~63年に議会を解散させみずからの大権で改革を準備した。1963年1月,次の 6項目からなる「白色革命」を国民投票にかけた。すなわち (1) 農地改革,(2) 森林,牧草地の国有化,(3) 国有工場の払い下げ,(4) 工場労働者に対する企業の利益配分,(5) 女性参政権,(6) セパーエ・ダーニシの創設であり,特に (1) に重点がおかれた。1965年までに (7) 保健部隊,(8) 開発部隊,(9) 村落裁判所の設置が加えられて,農地改革以後の農村の改造を目指した。1967年10月さらに,(10) 水資源国有化,(11) 都市と地方の再開発,(12) 行政・教育改革が追加された。これら「十二大改革」は低開発水準から急速な社会,経済,文化の改革を目指した措置で,1960年代後半からの経済の高度成長に支えられて実施された。他方,この改革は大きな社会,経済のひずみをもたらし,その是正のため,1975年8月 (13) 私企業株式の一般公開,(14) インフレーション抑止,が勅令として発布された。12月7日 (15) 教育の無料化を,12月23日 (16) 幼児への無料給食,(17) 保険制度の拡充,を追加したが,イラン革命でこれらは解消した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくしょくかくめい【白色革命】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

白色革命
はくしょくかくめい
イランのムハンマドレザー=パフレヴィー2世が1963年以後強行した,上からの近代化政策
アメリカの支援のもと,農地改革・工業化・労働者の待遇改善・女性参政権・教育の向上などの西欧化を進めたが,急激な改革による混乱貧富の差の増大による不満の蓄積によってイラン革命が勃発。パフレヴィー2世は亡命した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白色革命」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白色革命の関連情報

関連キーワード

コーマン新藤兼人北九州(市)中平康森一生ロメール飯島耕一川島雄三シモンドン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation