@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白血球接着(癒着)不全症

内科学 第10版

白血球接着(癒着)不全症(好中球機能異常症)
(2)白血球接着(粘着)不全症(leukocyte adhesion deficiency:LAD)
 白血球接着不全症には3タイプ(LAD1,2および3)あり,すべて常染色体劣性遺伝を示す.LAD1はCD18の異常であり,β2インテグリン(CD11a/CD18,CD11b/CD18およびCD11c/CD18)に異常がみられる.接着を必要とするすべての白血球機能に著しい障害がみられ,乳児期より重篤な細菌および真菌感染症を繰り返す.膿瘍形成がなく,臍帯分離が遅延し,末梢血で強い好中球数の増加が持続する.感染症に対する強力な治療が基本である.重症例の予後は不良であり,造血幹細胞移植が有効である.LAD2はセレクチンのリガンドである糖鎖のフコシル化に異常があり,白血球のころがり運動が障害されている.LAD3はβ1,β2およびβ3インテグリンの活性化が障害されている.[北川誠一]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

白血球接着(癒着)不全症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白血球接着(癒着)不全症の関連情報

関連キーワード

白血球ということばの意味皮膚白血球破砕性血管炎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation