@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白鋳鉄【はくちゅうてつ】

世界大百科事典 第2版

はくちゅうてつ【白鋳鉄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

はく‐ちゅうてつ〔‐チウテツ〕【白鋳鉄】
破面が白い鋳鉄炭素ケイ素が少ない場合、セメンタイトという白色のもろい結晶が生じるため、こうよばれる。切削加工が困難だが、加熱処理をすると可鍛鋳鉄となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

白鋳鉄
はくちゅうてつ
white cast iron

白色破面をもつ鋳鉄。鋳鉄は鉄に炭素とケイ素とが含有されたものと考えられるが、炭素が少なかったり、とくにケイ素が少ないと凝固時に炭素が黒鉛結晶とならずにセメンタイトFe3Cという化合物の結晶となる。このようにして凝固した鋳鉄は破面が白く白鋳鉄とよばれる。セメンタイトが硬いので耐摩耗部品として用いられるが、切削加工が困難なので普通の機械部品用材料としては用いられない。

[井川克也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白鋳鉄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白鋳鉄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation