@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白鳥座【ハクチョウザ】

デジタル大辞泉

はくちょう‐ざ〔ハクテウ‐〕【白鳥座】
北天の大星座。9月下旬の午後8時ごろ南中し、天頂付近に見える。天の川の中に、α(アルファ)星デネブβ(ベータ)星アルビレオなど明るい5個の星が十字形をつくり、また北アメリカ星雲・網状星雲ブラックホールなどを含む。北十字星。学名 〈ラテン〉Cygnus

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はくちょう‐ざ ハクテウ‥【白鳥座】
夏の北天の星座。銀河の中にある大星座で、北アメリカ星雲・ペリカン星雲や石炭袋と呼ばれる暗黒星雲がこの星座内にみられる。アルファ星はデネブ。名称はギリシア神話でゼウスがレダのもとへ通うとき化身した姿に由来する。白鳥。《季・秋》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白鳥座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白鳥座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation