@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白鳳【ハクホウ】

デジタル大辞泉

はく‐ほう【白×鳳】
白色の羽毛鳳凰(ほうおう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくほう【白鳳】
年号「白雉(はくち)」の異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

白鳳
岡山県、和歌山県山梨県などで生産されるモモ。大きさは250~300g程度。肉質は緻密で甘い。神奈川県農業試験場が「白桃」と「橘早生」の交配により育成した品種で、1933年に命名多数の派生品種がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白鳳(パイフォン)
金魚の一種。青文魚(せいぶんぎょ)が全身褪色して銀白色になったもの。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はくほう【白鳳】
白い鳳凰ほうおう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくほう【白鳳】
孝徳天皇の代の年号「白雉はくち」の後世の美称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はく‐ほう【白鳳】
[1] 〘名〙 白い羽毛の鳳。白い鳳凰。
※本朝文粋(1060頃)九・於鴻臚館餞北客帰郷詩序〈紀在昌〉「久積丹蛍之光、未白鳳之夢」 〔洞冥記‐巻一〕
[2] 私年号の一つ。相当年代には諸説があるが、孝徳・斉明・天智・弘文・天武の五朝にわたり断続的に用いられたと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白鳳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白鳳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation