@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

白黒【シラクラ】

デジタル大辞泉

しら‐くら【白黒】
《「しろくろ」の音変化》とやかく言われる理由。
「へん、そりゃあねえ。そこにかけちゃあ―なし」〈滑・浮世床・初〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しろ‐くろ【白黒】
[名](スル)
白色と黒色。こくびゃく。
映画や写真などで、画面が白と黒の濃淡だけで表されていること。また、その映画や写真。モノクローム。「白黒テレビ」
物事の是非。善悪。正しいか正しくないか。また、罪がないか罪があるか。「白黒をはっきりさせる」
(「目を白黒させる」の形で)驚いたり苦しんだりする時の目のようすをいう。「餅(もち)がのどにつかえて目を白黒させる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

白黒
金魚の体色の名。の二色柄で、三色から稀に出現する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しら‐くら【白黒】
〘名〙 (「しろくろ」の変化した語) あれこれといわれるたね。非難されるべき理由。
※浄瑠璃・歌枕棣棠花合戦(1746)三「何んとは左太郎兵衛、しらくらなしの三つぼ、張って見ようじゃ有るまいか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しろ‐くろ【白黒】
〘名〙
① 白と黒。白色と黒色。こくびゃく。
※浮世草子・好色一代女(1686)三「入江なる白黒(シロクロ)の玉を拾ひて」
② 二つの対応するものを表わすのに用いる語。多く、是と非、善と悪、真と偽などの意に用いる。こくびゃく。
※あさぢが露(13C後)「そのかみは白くろしも見侍らざりき」
③ (━する) 白くしたり黒くしたりすること。驚いた時や、のどがつまって苦しむ時などの目のさまにいう。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)初「眼を白黒して亦のめど」
④ 画面が黒と白の濃淡で表わされるもの。色彩のないもの。写真、映画、フィルム、テレビなど。モノクローム。モノクロ。黒白。
※香港にて(1958)〈堀田善衛〉「白黒及び天然色用に二つの35ミリカメラ」
⑤ 変態的な見世物の一種で、男女の性交をショー化したもの。
※アメリカひじき(1967)〈野坂昭如〉「シロクロのたいへん上等なのがいるんですが、〈略〉ああいうショウは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっ‐こく ハク‥【白黒】
〘名〙
① 白い色と黒い色。白いものと黒いもの。黒白(こくびゃく)
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「営営染白黒、讚毀織災殃」 〔周礼‐天官・籩人〕
② 善と悪。正と邪。黒白(こくびゃく)。〔史記‐蘇秦伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐こく【白黒】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白黒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白黒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation