@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

百万塔陀羅尼【ひゃくまんとうだらに】

大辞林 第三版

ひゃくまんとうだらに【百万塔陀羅尼】
百万塔におさめられた陀羅尼。無垢浄光大陀羅尼経の相輪・自心・根本・六度の四種の陀羅尼を銅版または木版で印刷したものがほとんどで、現存する世界最古の印刷物といわれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひゃくまんとうだらに【百万塔陀羅尼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

百万塔陀羅尼
ひゃくまんとうだらに
称徳(しょうとく)女帝(在位764~770)の発願で、奈良諸大寺に納められた三重小塔百万基の小木塔に収納した陀羅尼(経文)。世界最古の印刷物として有名である。765年(天平神護1)より770年(神護景雲4)まで数年をかけて完成した。露盤の内部に陀羅尼一巻を納めたもの。陀羅尼は唐の弥陀山(みだせん)訳『無垢浄光(むくじょうこう)大陀羅尼経』に説く(1)根本陀羅尼、(2)相輪((とう))陀羅尼、(3)修造仏塔陀羅尼、(4)自心印(じしんいん)陀羅尼、(5)大呪王(だいしゅおう)陀羅尼、(6)六度(ろくど)陀羅尼の6種のうち(1)(2)(4)(6)が印刷された。現在、法隆寺に三重の小塔100基、七重の一万節塔と十三重の十万節塔それぞれ1基、塔内納入の陀羅尼270巻がある。これによると、現存する4種の陀羅尼は版が二つあり、料紙は麻紙、黄麻(こうま)紙、穀(かじ)紙の3種、紙の大きさは幅5.4センチメートル、長さは根本陀羅尼で51.8センチメートル、六度陀羅尼で27.2センチメートルある。巻物仕立てで、一、二、三、四の数字を印刷した帙(ちつ)紙で包み、陀羅尼の種類を区別してある。[宮坂宥勝]
『宮坂宥勝著『インド古典論 上』(1983・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

百万塔陀羅尼
ひゃくまんとうだらに
奈良時代後期,百万塔に納められた印刷した呪文
現存する世界最古の印刷物。恵美押勝 (えみのおしかつ) の鎮定後,戦死者の冥福を祈るため道鏡のすすめで764年称徳天皇が発願,770年完成。100万基の木造三重小塔(高さ約21.5㎝)内に木版印刷した『陀羅尼』(呪文)1部ずつを納め,南都十大寺に10万基ずつ寄進した。法隆寺に一部現存する。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百万塔陀羅尼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

百万塔陀羅尼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation