@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

百科全書【ひゃっかぜんしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

百科全書
ひゃっかぜんしょ
Encyclopédie ou Dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers
フランスの百科事典ディドロダランベールの編集により,1751~72年刊。 28巻 (本文 17巻,図版 11巻) 。さらに 76~77年補遺5巻,80年に索引2巻が別の編者により出版された。ダランベールの有名な「序説」に始り,執筆者はボルテールモンテスキュー,J.-J.ルソーエルベシウスコンディヤック,モルレ,イボン,ドルバック,ドーバントン,マルモンテル,デュ・マルセ,ケネーテュルゴーなど。その合理主義,実証主義により,イエズス会をはじめ反動陣営からの執拗な攻撃を受け,また「ジュネーブ」の項がルソーの反論にあい,この項の執筆者ダランベールが手を引くなど,刊行には多大の障害が生じたが,ダルジャンソン侯,ポンパドゥール夫人,マルゼルブ出版業監督官らの強力な支持を得,またなによりもディドロの献身により完成をみた。 18世紀啓蒙思想の最大の成果である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひゃっか‐ぜんしょ〔ヒヤククワ‐〕【百科全書】
百科事典」に同じ。
[補説]書名別項。→百科全書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひゃっかぜんしょ【百科全書】[書名]
《原題、〈フランス〉Encyclopédie, ou Dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers》フランスの百科事典。本編17巻、補遺5巻、図版11巻、索引2巻。ディドロダランベールの監修。1751~80年刊。フランス啓蒙思想の集大成であり、近代合理主義の立場による知識の普及に大きな役割を果たした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひゃっかぜんしょ【百科全書 Encyclopédie】
ディドロとダランベールを編集責任者とし,264人の執筆者の協力によって成立したフランス18世紀の大百科事典(正式表題《一群の文筆家によって執筆された百科全書,あるいは科学・技芸・手工業の解説辞典Encyclopédie ou Dictionnaire raisonné des sciences,des arts et des métiers,par une société de gens de lettres》)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひゃっかぜんしょ【百科全書】
百科事典に同じ。
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひゃっかぜんしょ【百科全書】
フランスの百科事典。本編一七巻、補遺五巻、図版一一巻、索引二巻。1751~80年刊。ディドロ・ダランベールの監修の下に、当時の啓蒙的・進歩的執筆者を結集して完成し、フランス革命の思想的準備をなしたとされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

百科全書
ひゃっかぜんしょ
Encyclopdie
明治初期に、あらゆる学問の組織的な総集または百科事典の意味に用いられたことば。現在では、フランスのディドロ編と、明治初期文部省編の百科事典をさしていうことが多い。[彌吉光長]

フランス

18世紀、イギリスではブルジョアジー勃興(ぼっこう)に支持されてチェンバーズの『百科事典』が成功したので、銀行家のミルズはこれをフランスで翻訳刊行しようとパリのル・ブルトンに交渉したが意見があわなかった。しかし、ル・ブルトンは計画をあきらめず、ついにディドロに編集を依頼、彼は1746年に編集に関係し、友人のダランベールも誘って共同編集とした。ときにディドロは33歳、ダランベール29歳であった。ダランベールは若いながらアカデミー会員であり、ボルテール、モンテスキュー、ビュフォン、ケネー、ルソー、コンディヤックに寄稿を引き受けさせることに成功、1750年に予約募集し、翌年第1巻を発行した。この進歩的啓蒙(けいもう)事典の出現に新興の商人階級や思想家は賛成したが、貴族と僧侶(そうりょ)の上層階級には反対が多く、また極右のイエズス会の圧迫が激しかった。両勢力の対抗の間に出版は進み、これら寄稿者たちは百科全書派(アンシクロペディスト)encyclopdistesとよばれるようになった。ところが、第7巻にダランベールの「ジュネーブ」が出るとルソーは怒って脱退し、さらに1759年、出版特許を取り消されて寄稿家の大部分が脱退、ダランベールも抜け、残ったのはディドロと学者ジョクールLouis Chevalier de Jaucourt(1704―79)だけとなり、ついには地下印刷という最悪の事情のもとに無償の働きを余儀なくされ、財産も売り払って書記らの給料を払った。こうした種々の困難を切り抜けて、1772年についにこの『百科全書』Encyclopdie, ou dictionnaire raisonn des sciences, des arts et des mtiers, par une socit de gens de lettresが完成、本文17巻と図版11巻であった。これが大歓迎を受けたので、パンクークC. J. Panckoucke(1736―98)は続巻を計画、ディドロは老年(60歳)のため辞し作家マルモンテルJean-Franois Marmontel(1723―99)が引き受けて本文4巻、図版1巻、索引2巻(1776~80)を完成した。[彌吉光長]

日本

明治初期に出版された文部省訳の百科事典をいう。原本はチェンバーズ編『国民知識事典』Information for the Peopleの第5版2巻(無刊記)。文部省編輯(へんしゅう)寮頭箕作麟祥(みつくりりんしょう)が東京中の英語学者に分担させて翻訳させ、1874年(明治7)から分野ごとに出版していったものである。74年には経済編、養生編、交際編、医学編、商業編など10編ができた。翻訳の困難さのなかでもとくに抽象的な術語を案出するのに時間がかかり、訳出返上を申し出る者が続出して、箕作らが担当せざるをえなかった。箕作は「自然神学」「教育学」「道徳学」を訳し、また、数学者菊池大麓(だいろく)は「修辞及華文」を、大槻文彦(おおつきふみひこ)は「印刷術及石版術」を訳した。財政の都合で84年に93巻で打ち切られたが、この刊行は民間に提供されて、有隣堂は78年から86年に20巻で発行した。また、丸善は不足を補訳して、83年から85年に索引とも全3巻で予約出版を行った。この出版によって術語が確立され、学問的基礎知識導入の大きな役割を果たした。[彌吉光長]
『桑原武夫編『フランス百科全書の研究』(1954・岩波書店) ▽福鎌達夫著『明治初期百科全書の研究』(1968・風間書房) ▽J・プルースト著、平岡昇・市川慎一訳『百科全書』(1979・岩波書店) ▽F・ヴェントゥーリ著、大津真作訳『百科全書の起源』(1979・法政大学出版局) ▽中川久定著『啓蒙の世紀の光のもとで――ディドロと『百科全書』(1994・岩波書店) ▽寺田元一著『「編集知」の世紀――一八世紀フランスにおける「市民的公共圏」と「百科全書」』(2003・日本評論社) ▽ディドロ、ダランベール編、桑原武夫編訳『百科全書――序論および代表項目』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひゃっか‐ぜんしょ ヒャククヮ‥【百科全書】
[1] 〘名〙
※風俗画報‐三二四号(1905)漫録「百科全書(ひゃくクヮゼンショ)(をさむ)る所気中現象学旋風の条に云」
② 一定の体系の下に、種々の学術・技芸を部門別に解説した叢書。〔英和商業新辞彙(1904)〕
[2]
[一] チェンバースの百科事典「Information for the people」の翻訳で、文部省編輯寮の箕作麟祥らにより、分冊本は明治七年から十七年にかけて、合冊本は明治一一年から刊行されたもの。これにより各学問分野の術語がかたまり、学問の基礎的知識が広まるなど大きな成果をあげた。
[二] (原題Encyclopédie ou Dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers で、「百科全書すなわち科学・芸術・技術に関する理論的事典」の意) 百科事典。三五巻。収録項目約六万六〇〇。一七五一~八〇年刊。ディドロとダランベールの監修のもとに、ボルテール、モンテスキュー、ルソーなど二六四名の多方面の執筆者が協力。フランス啓蒙思想の集大成でもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科全書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

百科全書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation