@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

百葉箱【ひゃくようばこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

百葉箱
ひゃくようばこ
instrument shelter
気象観測機器を収納して風雨などから保護し,日射や放射から遮蔽し,大気本来の気象特性を測定できるように工夫された。収納する測器はおもに,通風乾湿計,最高温度計最低温度計,自記温度計や自記湿度計である。木製で側面や窓は鎧戸にして全面を白いペンキで塗装してあり,外気は屋根以外の側面,底面から出入りできるようになっている。風通しがよく日陰にならない露場に,底が地上 1m程度,測器の感部が地上 1.5m程度になるように設置する。窓は,開いたときに内部に直射日光があたらないよう真北に向ける。気象庁は,明治時代にはスチーブンソン型百葉箱,大正時代から 1970年頃までは国産の中央気象台1号型(のちに気象庁1号型)を使用していた。1980年代には,通風に特に配慮した気象庁3号型が製作され,6号型までつくられた。測器の遠隔測定化などのため,気象庁は 1993年から百葉箱を使わなくなったが,学校や地方自治体等では利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

百葉箱
太陽の光を遮って適度の風通しを作り、同一条件下で温度や湿度を測る気象観測用具。板が重なる外観が名前の由来とされる。百葉箱を研究した東京都環境局の山口隆子さんによると、19世紀中頃に英国で開発、19世紀後半に日本へ導入された。戦後まもなく、小学校の理科教育で使われ始めた。自動観測機器の登場で、気象庁は1993年に百葉箱を使った観測をやめた。
(2012-07-07 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ひゃくよう‐ばこ〔ヒヤクエフ‐〕【百葉箱】
気象観測用の小屋形木箱よろい戸で囲って通風をよくし、白く塗って日光を反射させる。地面から高さ1.5メートルの所に温度計・湿度計などがくるように設置する。ひゃくようそう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひゃくようばこ【百葉箱 instrument shelter】
地面付近の気温や湿度を測定するための測器を風雨などから保護し,日射や放射から遮へいするために作られた小屋形の木箱。百葉箱は,四方の壁が二重のよろい戸で,北と南に面する部分に扉がある。屋根は二重で内側は二重のすのこ,床も二重のすのこで通風をよくするようになっている。すべての部分を白色ペンキで塗装してある。4本の脚部は木製で,地上の部分が約1mになるように地中に埋めて固定する。これは内部に入れた温度計や湿度計の感部が,国際的な規定によって地表面上約1.5mの高さにすることができるように調節したものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひゃくようばこ【百葉箱】
気象観測用の白く塗った小屋形の木箱。日射や雨の影響を受けないように二重の鎧戸よろいどで四方を囲み、天井に通気筒を設けて通風をよくし、地表から1.5メートルほどのところに、温度計・湿度計・気圧計などをおさめておくもの。ひゃくようそう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

百葉箱
ひゃくようばこ
屋外の気温を測るための温度計を入れておく箱。通風をよくするため四方をよろい戸にしてあるので、こうよばれる。また「百葉箱(ひゃくようそう)」ともいわれる。床と天井にすきまがあり、温度計の地面からの高さが1.5メートルくらいになるよう脚をつけて設置する。百葉箱の役割は、温度計を外気に当てるとともに、日光の直射や周囲の地物などからの放射が温度計に当たるのを防ぐことである。いろいろな形や大きさのものが使用される。気象台や測候所では、間口、奥行とも1メートルくらいある二重のよろい戸をつけた木製の百葉箱がよく用いられる。日射をよく反射するように白ペンキを塗り、自記温度計や湿度計なども入れることがある。扉は、開いたとき日光が直射しないように北側にするのが正式とされている。一般には、これより小さいものを使用することが多い。[篠原武次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひゃくよう‐そう ヒャクエフサウ【百葉箱】
〘名〙 気温・湿度などを測定するために、計器を入れておく木造の箱。周囲を二重の鎧戸(よろいど)で囲まれた白ペンキ塗りの箱で、計器の高さが地表から約一・五メートルになるように芝生を植えた地面の上に固定される。ひゃくようばこ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひゃくよう‐ばこ ヒャクエフ‥【百葉箱】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百葉箱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

百葉箱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation