@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

百韻【ひゃくいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

百韻
ひゃくいん
(1) 韻字を 100踏んだ長編漢詩。多くは 200から成る。 (2) 連歌俳諧用語。連歌および連句で,発句から挙句 (最後の句) までの1巻が 100句から成る形式。横半にした懐紙4枚の表裏に一定の句割によって記される。この形式は鎌倉時代に完成し,南北朝,室町時代以後連歌および貞門,談林の俳諧の主流をなした。蕉風以後は 36句の歌仙形式が多くなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひゃく‐いん〔‐ヰン〕【百韻】
連歌・俳諧で、100句を連ねて一巻きとする形式。懐紙4枚を用い、初折(しょおり)は表8句・裏14句、二の折・三の折は表裏とも各14句、名残の折は表14句・裏8句を記す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひゃくいん【百韻】
連歌や俳諧で,5・7・5の長句と7・7の短句を交互に連ねて100句に至る形式のもの。〈百韻〉とは,中国の聯句(れんく)からの影響とされる。連歌ははじめ2句の唱和からしだいに連続する句数が増えていったが,1200年前後に100句の形式が成立したらしい(現存資料では《明月記》正治2年(1200)9月20日の記事がもっとも古い)。13世紀以後,連歌の基本的形式となり,これを10かさねて千句,千句を10かさねて万句という型式も生まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひゃくいん【百韻】
連歌・俳諧の形式の一。一巻が百句から成るもの。懐紙四折を用い、初折表に八句、初折裏から名残折表まで各一四句、名残折裏に八句を記す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

百韻
ひゃくいん
連歌(れんが)・俳諧(はいかい)の作品形式で、百句のまとまりをいう。五・七・五の長句と七・七の短句を交互につけて合計百句となるもの。名称は漢詩の聯句(れんく)に由来するので、韻は踏まないが百という。最初の3句を、発句(ほっく)・脇(わき)(句)・第三とよび、最後の百句目を挙句(あげく)(または揚句)とよぶ。一般的な書式では、懐紙4枚を用い、初折表(しょおりおもて)8句・裏14句、二の折、三の折はそれぞれ表裏とも14句ずつ、名残(なごり)の折表14句・裏8句を記す。千句、万句などの作品も百韻を基本単位とする。13世紀初めごろに記録がみえるが、平安時代後期にはすでに用いられていた形式と考えられ、以後中世末期までもっとも一般的な形式であったが、連歌が俳諧に移行するにしたがって、歌仙(36句)の形式が優勢になった。[奥田 勲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひゃく‐いん ‥ヰン【百韻】
〘名〙 連歌や俳諧連句で、一巻が百句で成り立っているもの。四枚の懐紙に、初折表八句・初折裏一四句・二折表一四句・二折裏一四句・三折表一四句・三折裏一四句・名残折表一四句・名残折裏八句の順で書きつける。
※八雲御抄(1242頃)一「連歌。昔は五十韻百韻とつづくる事はなし」
[語誌](1)聯句(れんく)において、中古末期に百韻という形式が確立し、その影響を受けて連歌にも用いられたとみられる。その後、連歌・俳諧の興隆により、もっぱら連俳のものを指すようになった。
(2)「五十韻」「千句」等の形式もでき、俳諧では「歌仙」(三六句)、「世吉(よよし)」(四四句)等も行なわれたが、連俳ともに百韻を基本形式とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百韻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

百韻の関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンリスベス トリケット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation