@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

皇円【こうえん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

皇円 こうえん
?-1169 平安時代後期の僧。
藤原資隆(すけたか)の弟。隆寛叔父天台宗比叡(ひえい)山で皇覚にまなぶ。東塔の功徳院でおしえ,門下から法然をだした。歴史に造詣(ぞうけい)がふかく,史書扶桑(ふそう)略記」を編修。嘉応(かおう)元年6月死去。通称は肥後阿闍梨(あじゃり),功徳院阿闍梨。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こうえん【皇円】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

皇円」の用語解説はコトバンクが提供しています。

皇円の関連情報

関連キーワード

アイユーブ朝ハインリヒ[6世]嘉応アイユーブ朝嘉応サラディンセルスカー修道院平敦盛仁安藤原良経

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation