@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

皇大神宮【コウタイジングウ】

デジタル大辞泉

こう‐たいじんぐう〔クワウ‐〕【皇大神宮】
三重県伊勢市、五十鈴(いすず)川の川上にある伊勢神宮内宮。祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)。神体は八咫鏡(やたのかがみ)天照皇大神宮。伊須受宮(いすずのみや)。内宮(ないくう)。→伊勢神宮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうたいじんぐう【皇大神宮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

皇大神宮
こうたいじんぐう

三重県伊勢(いせ)市館(たち)町、五十鈴(いすず)川の上流に鎮座。伊勢神宮の中心の社で、内宮(ないくう)ともいう。天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)(天照大神)と、相殿(あいどの)に天手力男神(あめのたぢからおのかみ)、萬幡豊秋津姫命(よろずはたとよあきつひめのみこと)を祀(まつ)る。古くは皇居内に天皇と同床共殿で奉斎されていたが、崇神(すじん)天皇のとき神威を畏(おそ)れて別殿とし、さらによい奉斎地を求め、結局、垂仁(すいにん)天皇25年(一説に26年、神宮では26年説をとる)この地に創建されたと伝承する。全神社の根源として崇敬されている。

[鎌田純一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

皇大神宮
(大阪府大阪市城東区今福南2-12-31)
大阪市都市景観資源指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

皇大神宮
こうたいじんぐう
伊勢神宮」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇大神宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

皇大神宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation