@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

皇太神宮儀式帳【コウタイジングウギシキチョウ】

デジタル大辞泉

こうたいじんぐうぎしきちょう〔クワウタイジングウギシキチヤウ〕【皇太神宮儀式帳】
皇大神宮行事儀式など23かを記した文書。延暦23年(804)宮司大中臣真継・禰宜荒木田公成・大内人磯部小紲らが神祇官に提出したもの。「止由気宮(とゆけぐう)儀式帳」と併せて「伊勢大神宮儀式帳」「延暦儀式帳」ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

皇太神宮儀式帳
こうたいじんぐうぎしきちょう
804年(延暦23)8月28日に皇太神宮の宮司大中臣真継(おおなかとみのまつぐ)らが所轄官庁である神祇(じんぎ)官に提出した解文(げぶみ)(報告書)。内容は全23か条からなり、皇太神宮の年中行事の大綱、神々鎮座の伝承、宮域および殿舎の構造・様式、装束(しょうぞく)神宝の細目、禰宜(ねぎ)・神官の職掌、神郡・神戸(かんべ)・神田の管理経営など詳細にわたる。同年提出された「止由気宮(とゆけぐう)儀式帳」とともに、あわせて「伊勢(いせ)大神宮儀式」「延暦(えんりゃく)儀式」と称される。『群書類従』所収。なお注釈書に荒木田経雅(あらきだつねただ)著『大神宮儀式解』『大神宮儀式帳頭註』などがある。[矢野建一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうたいじんぐうぎしきちょう クヮウタイジングウギシキチャウ【皇太神宮儀式帳】
宮司大中臣真継、禰宜荒木田公成、大内人磯部小紲らが神祇官に奉納した文書。一巻。延暦二三年(八〇四)成立。皇大神宮の年中行事、儀式のほか、鎮座の伝承、装束神宝の細目、式年遷宮の制度など二三か条を記したもの。「止由気宮儀式帳」と共に「伊勢大神宮儀式帳」「延暦儀式帳」と称される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇太神宮儀式帳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

皇太神宮儀式帳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation