@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

皇極天皇【コウギョクテンノウ】

デジタル大辞泉

こうぎょく‐てんのう〔クワウギヨクテンワウ〕【皇極天皇】
[594~661]第35代天皇。女帝。在位642~645。敏達天皇茅渟王(ちぬのおおきみ)の王女で、舒明天皇皇后天智天武両天皇の母。舒明天皇の死後即位皇居小墾田宮(おはりだのみや)。のち、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)に移した。大化元年(645)孝徳天皇譲位し、その没後重祚(ちょうそ)して斉明天皇となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

皇極天皇 こうぎょくてんのう
594-661 飛鳥(あすか)時代,第35代天皇。在位642-645。
推古天皇2年生まれ。茅渟(ちぬ)王の王女。母は吉備姫王(きびつひめのおおきみ)舒明天皇の皇后で,舒明の死後,即位。蘇我蝦夷(そがの-えみし)入鹿(いるか)父子が強権力をふるう。中大兄(なかのおおえの)皇子と中臣鎌子(藤原鎌足(かまたり))らが645年その父子をほろぼした。天皇は弟の軽(かるの)皇子(孝徳天皇)に譲位し,中大兄を皇太子とした。655年斉明(さいめい)天皇として重祚(ちょうそ)。斉明天皇7年7月24日死去。68歳。別名は宝皇女,天豊財重日足姫天皇(あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと),飛鳥天皇,後岡本天皇。⇒斉明天皇
格言など】今城(いまき)なる小丘(をむれ)が上に雲だにも著(しる)くし立たば何か歎かむ(「日本書紀」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こうぎょくてんのう【皇極天皇】
594?‐661(推古2?‐斉明7)
後に重祚して斉明天皇。第35代,第37代に数えられる天皇。在位642‐645年および655‐661年。本名は宝皇女。父は舒明天皇の弟の茅渟(ちぬ)王で,母は欽明天皇の孫の吉備姫王。初め高向王に嫁して漢(あや)皇子を生み,のち舒明天皇の皇后となって中大兄皇子(天智天皇),間人(はしひと)皇女(孝徳天皇皇后),大海人(おおあま)皇子(天武天皇)を生んだ。641年(舒明13)に舒明天皇が死ぬと翌年正月に即位し,その翌年に飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや)を営んで移り,大臣蘇我蝦夷がやがて子の入鹿に執政の権をゆだねると,入鹿を大いに親任したが,645年6月に大化改新のクーデタが行われると,天皇は皇位を弟の孝徳天皇に譲って皇祖母尊(すめみおやのみこと)と呼ばれることになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

皇極天皇
こうぎょくてんのう
(594―661)

女帝。第35代天皇(在位642~645)。のち重祚(ちょうそ)して第37代斉明(さいめい)天皇(在位655~661)。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうぎょく‐てんのう クヮウギョクテンワウ【皇極天皇】
第三五代天皇。舒明天皇の皇后。敏達天皇の孫茅渟王(ちぬのおおきみ)の王女。天智・天武天皇の母。名は宝皇女(たからのひめみこ)。尊号、天豊財重日足姫天皇(あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと)。六四二年即位し、都を大和国飛鳥(あすか)の小墾田宮(おはりだのみや)に営み、のち板蓋宮(いたぶきのみや)にうつす。六四五年の大化改新に際して軽皇子(孝徳天皇)に譲位したが、天皇の没後再び即位し、斉明天皇という。推古天皇二~斉明七年(五九四‐六六一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

皇極天皇
こうぎょくてんのう
594〜661
7世紀半ばの女帝(在位642〜645)
舒明天皇の皇后。天智・天武両天皇の母。645年蘇我氏失脚直後,弟の孝徳天皇に譲位したが,孝徳天皇没後,655年重祚 (ちようそ) して斉明天皇(在位655〜661)となり,中大兄 (なかのおおえ) 皇子(のちの天智天皇)らの補佐で改新政治を推進。百済 (くだら) 救援のため九州におもむいたが,筑紫(福岡県)の朝倉宮で没した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

皇極天皇
こうぎょくてんのう
斉明天皇」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇極天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

皇極天皇の関連情報

関連キーワード

変調斉明天皇斉明天皇斉明天皇正統カリフ時代中皇命飛鳥時代(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation