@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

皮膚炎【ひふえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

皮膚炎
ひふえん
dermatitis
表皮および真皮浅層の炎症性病変の総称症状は発赤,丘疹,小水疱,びらん,結痂 (かさぶた) ,落屑などが現れ,慢性のものでは患部肥厚,苔癬化などがみられる。原因的にみると,外因によるものを接触性皮膚炎,原因不明のものを湿疹あるいは湿疹性病変などという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひふ‐えん【皮膚炎】
外界の刺激によって起こる皮膚の炎症。かゆみや痛みを伴うことが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

皮膚炎
 皮膚の炎症で,通常は湿疹と同じ意味に使われる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひふえん【皮膚炎 dermatitis】
皮膚の炎症で,俗に〈かぶれ〉ともいう。組織に赤,腫,熱,痛の4徴候の起こるとき,古くから炎症と称してきた。これはもちろん組織の損傷に対する身体の反応である。皮膚も炎症が起こると,やはり赤くなり(紅斑),はれ(浮腫),熱っぽくなるが,一般に化学物質で起こる皮膚炎は,化学熱傷を除けば,痛みよりもむしろかゆみのでる場合が多い。症状も小水疱,糜爛(びらん),落屑(らくせつ),皮膚肥厚,皹裂(きれつ),色素沈着,痒疹,大水疱,潰瘍などさまざまである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

皮膚炎
ひふえん
dermatitis

広義には皮膚におきた炎症をさすが、通常、皮膚炎の呼称は、アトピー性皮膚炎、一次性刺激性皮膚炎、接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎というように湿疹(しっしん)性疾患に対して用いられる。すなわち、皮膚炎は湿疹と同義に用いられることが多い。とくに線状皮膚炎、毒蛾(どくが)皮膚炎というように原因が明らかな外因性の皮膚炎(接触皮膚炎) をさす場合が多い。

[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひふ‐えん【皮膚炎】
〘名〙 外界よりの刺激による皮膚の炎症をさす。動物や植物の毒、薬品などによる反応、放射線、太陽光線や熱、寒冷による反応などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皮膚炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

皮膚炎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation