@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

盆踊【ぼんおどり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

盆踊
ぼんおどり
盂蘭 (うらぼん) に踊られる群舞。死者のを供養するための踊りで,もとは念仏で囃された念仏踊が中心であったが,室町時代以降,流行の伊勢踊小町踊などの風流系の小歌踊などを取入れて多彩となり,娯楽性が強くなった。寺社境内や町の広場にやぐらを設け,それを中心にして輪になって踊る形式が多いが,徳島の阿波踊のように掛踊式に行進するものもある。地方の民謡を盆踊唄とし,太鼓三味線などを使うが,口説節を取入れて長編の叙事的歌謡を歌うところもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼん‐おどり〔‐をどり〕【盆踊(り)】
盂蘭盆(うらぼん)のころに老若男女が広場などに集まっておどる踊り。本来は盆に迎えた精霊(しょうりょう)を送り返す行事といわれる。 秋》「太鼓だけ少し下卑たり―/一茶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼんおどり【盆踊】
盂蘭盆会(うらぼんえ)を中心とした時期に,老若男女によって屋外で踊られる踊り。年に一度死者の霊がこの世に戻り,供養を受けるという盂蘭盆会にともなう民俗行事として発展したが,近年は宗教的意味が薄れ,誰でもが参加できる共同体の娯楽行事として行われる面が強い。
[歴史]
 死者供養としての念仏踊(踊念仏)は,空也(くうや),一遍(いつぺん)などをとする念仏聖によって早くから行われていたが,共同体が自分たちの手で先祖供養のために踊りを行ったのは,中世後期以降と考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぼん‐おどり ‥をどり【盆踊】
〘名〙 盂蘭盆の時期に、男女が歌や音頭に合わせてする踊り。本来は迎える精霊の慰霊と魂送りとを兼ねあわせたものといわれる。《季・秋》
※御触書寛保集成‐四五・貞享二年(1685)七月「子とも之盆おとりなどは各別、其外町人寄合、道辻にて往還をさまたげ、踊り候もの有之候はば、曲事可申付者也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

盆踊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

盆踊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation