@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

益田川【ましたがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

益田川
ましたがわ
岐阜県の北東部を流れる。「ますだがわ」ともいう。飛騨川上流乗鞍岳南麓に発し,西方に流れて高山市久々野町付近から南流,下呂市金山町付近からは飛騨川となって美濃加茂市の市街地東方で木曾川に注ぐ。河川法では益田川を含めて全体を飛騨川と呼ぶ。早くから電源開発が行なわれ,上流から下流新旧ダムが連続し,発電所が多い。下呂温泉付近から下流の金山までは中山七里と呼ばれる景勝地で,飛騨木曾川国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ましだがわ【益田川】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

益田川
ましたがわ

岐阜と長野の県境にそびえる乗鞍(のりくら)岳の南麓(なんろく)から発し、多くの支流をあわせて飛騨(ひだ)地方南部を南流する川。集水域が広く水量が豊かで落差が大きいので、各所にダム・発電所が建設されている。また、下流部には中山七里(なかやましちり)、飛水峡(ひすいきょう)などの景勝地も多い。かつては、上流から下呂(げろ)市金山(かなやま)町金山までは益田川、それより木曽(きそ)川合流点までの下流部が飛騨川とよばれたが、国土交通省の河川法では、益田・飛騨川全流域を飛騨川とよぶ。

[上島正徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

益田川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

益田川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation