@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

盗人【トウジン】

デジタル大辞泉

とう‐じん〔タウ‐〕【盗人】
ぬすびと。盗賊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬす‐と【盗人】
ぬすびと1」に同じ。
「嘘は云わん、―はせん男と云う事が」〈蘆花思出の記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬす‐びと【盗人】
他人の所有物を盗み取る者。盗賊。どろぼう。ぬすっと。ぬすと。
人をののしっていう語。ぬすっと。
「かぐや姫てふ大―の奴が」〈竹取

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬすっ‐と【盗人】
ぬすびと」の音変化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぬすっと【盗人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

とう‐じん タウ‥【盗人】
〘名〙 ぬすびと。盗賊。
※法隆寺文書‐永承元年(1046)一〇月二八日・僧長仁公験紛失状案「請被殊任道理加証判、盗人盗取私所領作手畠」 〔墨子‐尚賢上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬすっ‐と【盗人】
〘名〙 「ぬすびと(盗人)」の変化した語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「此盗人(ヌスット)めといひながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬす‐と【盗人】
〘名〙 (「ぬすど」とも) =ぬすびと(盗人)①〔日葡辞書(1603‐04)〕
※尋常小学読本(明治三七年)(1904)八「火事が多いぞ。ぬすとがあるぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬす‐びと【盗人】
〘名〙
① 他人の持ち物を盗みとる者。物とり。盗賊。どろぼう。ぬすっと。ぬすっとう。ぬすと。
※書紀(720)推古三四年是歳(岩崎本訓)「天下大きに飢ゆ。〈略〉幼は乳を含みて母子共に死ぬ。又強盗窃盗(ヌスヒト)、並びに大きに起りて止(や)む可からず」
② 人をののしっていう語。ぬすっと。ぬすと。
※竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫てふ大ぬす人の奴が、人を殺さんとするなりけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

盗人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

盗人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation