@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

盗賊教会会議[エフェソス]【とうぞくきょうかいかいぎ[エフェソス]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

盗賊教会会議[エフェソス]
とうぞくきょうかいかいぎ[エフェソス]
Latrocinium; Robber synod at Ephesos
449年8月東ローマ皇帝テオドシオス2世によってエフェソスで強引に開かれた宗教会議前年の会議で異端とされたキリスト単性論者エウテュケス大修道院長らの復権をはかり,両性論に立つ司教らを罷免,教皇レオの使節は無視された。この会議の決議はのちのカルケドン公会議で再び否決された。盗賊会議とは教皇レオが呼んだ言葉。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

盗賊教会会議[エフェソス]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

盗賊教会会議[エフェソス]の関連情報

関連キーワード

減資ペルシア戦争ペルシア戦争クリュサフィウスフラビアヌスペルシア戦争ONE PIECE集落支援員新型インフルエンザと学級閉鎖ホソカワミクロン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation