@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

盛岡藩【もりおかはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

盛岡藩
もりおかはん
南部ともいう。江戸時代,陸奥国岩手郡盛岡地方 (岩手県) を領有していた藩。藩主南部氏は鎌倉時代以来の豪族で,天正年間 (1573~92) の信直を藩祖とする。第2代利直は関ヶ原の戦いで東軍に属して 10万石の所領を安堵され,第4代重信は寛文4 (1664) 年甥の直房に2万石を分与して支藩八戸 (はちのへ) 藩を興し,8万石となった。さらに天和3 (83) 年には領地拡大のため 10万石の分限となり,文化5 (1808) 年には第 11代利敬が松前警備のため高直しにより 20万石となった。文政2 (19) 年には支藩七戸 (しちのへ) 藩1万 1000石を創設戊辰戦争奥羽越列藩同盟軍に加わったため 13万石に減封廃藩置県にいたった。外様,江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

盛岡藩
陸奥国、盛岡(:岩手県盛岡市)を本拠地とし、岩手県中北部から青森県東部を領有した外様の中藩。藩主は南部氏。良馬産出南部鉄器生産などで知られた。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に参加。南部藩ともいう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

もりおかはん【盛岡藩】
江戸時代陸奥(むつ)国岩手郡盛岡(現、岩手県盛岡市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は明義堂(めいぎどう)、のち作人館(さくじんかん)に改称。甲斐源氏の流れをくむ南部(なんぶ)氏は奥州(おうしゅう)藤原氏征討で功をあげ、三戸(さんのへ)に居城を構えた。その後、26代当主の南部信直(のぶなお)が豊臣秀吉(とよとみひでよし)小田原征伐に参加、1590年(天正(てんしょう)18)に南部7郡を安堵(あんど)され立藩した。翌年さらに3郡を加増され、現在の岩手県中北部から青森県東部を治める10万石の領主となった。99年(慶長(けいちょう)4)には、前年から築城を始めていた岩手郡不来方(こずかた)に移って盛岡と改め、以後明治維新までここが南部氏の居城となり、16代まで続いた。1600年には徳川家康(とくがわいえやす)からも安堵された。64年(寛文(かんぶん)4)に相続をめぐって内紛が起き、介入した幕府は八戸(はちのへ)藩2万石を創設させた。これにより盛岡藩は8万石となったが、83年(天和(てんな)3)に新田が加増され10万石に戻った。1809年(文化6)には蝦夷地警固により20万石に高直しを受けた。幕末の戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越(おううえつ)列藩同盟に加わったため、明治政府は仙台藩から没収した白石城に13万石で減転封(げんてんぽう)(国替(くにがえ))した。まもなく旧領に復したが、いちはやく廃藩置県を明治政府に願い出て、70年(明治3)に盛岡県と改め、その後岩手県と改称された。◇南部藩ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もりおかはん【盛岡藩】
陸奥国盛岡(岩手県)に藩庁をおいた外様中藩。藩主は南部氏で南部藩とよばれることも多い。本宗南部晴政の養子となった陸奥三戸(さんのへ)の領主南部信直は宗家を継ぎ,豊臣秀吉の小田原征伐に参加したことにより,1590年(天正18)7月,岩手,閉伊(へい),九戸(くのへ),二戸,三戸,北,鹿角7郡の所領を安堵された。これが盛岡藩の成立である。翌年の葛西・大崎一揆九戸政実の乱鎮圧功績があったため,和賀,稗貫(ひえぬき),志和3郡がさらに加増され,石高10万石の領主となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

盛岡藩
もりおかはん

江戸時代、陸奥(むつ)国北・三戸(さんのへ)(青森県)、二戸(にのへ)・九戸(くのへ)・閉伊(へい)・岩手・紫波(しわ)・稗貫(ひえぬき)・和賀(わが)(岩手県)、鹿角(かづの)(秋田県)を領有した外様(とざま)藩。南部(なんぶ)藩ともいう。1590年(天正18)、南部信直(のぶなお)が豊臣(とよとみ)秀吉から南部内7郡を安堵(あんど)されて立藩した。1598年(慶長3)に築城が開始された盛岡城は、1633年(寛永10)にすべてが完成すると、以後、維新まで南部氏の居城に定着した。藩祖信直のあと、利直(としなお)、重直(しげなお)、重信(しげのぶ)、行信(ゆきのぶ)、信恩(のぶおき)、利幹(としもと)、利視(としみ)、利雄(としかつ)、利正(としまさ)、利敬(としたか)、利用(としもち)(早逝につき従弟が身替りにたったため2人いる)、利済(としただ)、利義(としよし)(信侯(のぶとも))、利剛(としひさ)、利恭(としゆき)と16代(17人)にわたって在封した。この間、1634年に徳川家光(いえみつ)によって陸奥国北・三戸・二戸・九戸・鹿角・閉伊・岩手・紫波・稗貫・和賀の10郡10万石の所領が公認された。1664年(寛文4)相続問題で内紛が生じ、八戸藩2万石を割いて8万石となったが、1683年(天和3)新田が加増されて10万石に復した。中期以降の盛岡藩は財政窮乏に悩まされ、またしばしば凶作・飢饉(ききん)に襲われた。百姓一揆(いっき)も他藩に比べて多く、とくに1847年(弘化4)と1853年(嘉永6)の三閉伊一揆は規模も大きくて有名である。1808年(文化5)蝦夷地(えぞち)警衛により領域はそのままで20万石に格上げされた。戊辰(ぼしん)戦争のとき奥羽越列藩同盟に加わったかどで白石(しろいし)(宮城県)13万石に減転封されたが、まもなく旧領に復し、1870年(明治3)廃藩置県により盛岡県を経て岩手県となった。

[細井 計]

『森嘉兵衛著『岩手県の歴史』(1972・山川出版社)』『森嘉兵衛著『盛岡市史 近世1・2・3』(1956、1968、1969・盛岡市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

盛岡藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

盛岡藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation