@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

監査法人【かんさほうじん】

朝日新聞掲載「キーワード」

監査法人
企業がつくる決算の財務諸表などを、独立した立場で監査する法人で、公認会計士らで構成する。財務諸表や計算書類を点検し、会計書類が適正かどうか意見をつける。「新日本」「あずさ」「トーマツ」「PwCあらた」が国内の4大監査法人とされる。 東芝を担当するPwCあらた監査法人は2006年設立。トヨタ自動車ソニーなど約100社の上場企業も担当している。海外業務では、大手会計事務所「プライスウォーターハウスクーパース」と提携する。国内の4大監査法人では最も歴史が浅い。
(2017-04-12 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

かんさ‐ほうじん〔‐ハフジン〕【監査法人】
5人以上の公認会計士が集まって設立する法人。大企業の会計監査を主な業務とする。昭和41年(1966)の公認会計士法改正により制度化された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

監査法人
公認会計士法に基づいて設立される法人。監査証明業務を組織的に行うことを目的とする。5人以上の公認会計士によって設立され、合名会社形態をとっている。監査法人の社員(出資者)は公認会計士でなければならない。監査法人は、組織的な監査の実施をより効果的に行い公認会計士監査を拡充・強化することを目的として、昭和41年の公認会計士法改正により公認会計士法上の特殊法人として制度化された。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

会計用語キーワード辞典

監査法人
公認会計士法に基づいて設立される法人のこと。目的は、監査証明業務を組織的に行うことです。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

世界大百科事典 第2版

かんさほうじん【監査法人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

監査法人
かんさほうじん
監査証明業務を行なう法人(公認会計士法1条の3の3,2条1項)。5人以上の公認会計士を社員(出資者)として構成される(34条の7)。会計監査人としての財務書類(→財務諸表)の監査,証明およびコンサルティングなどをおもな業務とする。設立の際には内閣総理大臣への届け出を要する(34条の9の2)。欧米の公認会計士事務所のパートナーシップ制度にならい,1966年公認会計士法の改正により設置された。監査法人制度設置の目的は,監査を受ける会社の大規模化と多様化,それに伴う監査業務の複雑化に組織的に対応し,被監査会社などの外部圧力に対する監査人の独立性,損害賠償能力を向上させることだった。当初,監査法人のすべての社員は,合名会社と同様に損害賠償の無限連帯責任を負うと規定されたが,2007年,損害賠償にあたって特定の業務に関与していない社員の責任を出資の価額の範囲に限定する,合同会社に類する有限監査法人制度が新設された。今日では新日本,トーマツ,あずさ,PwCあらたの 4大監査法人が日本での市場を寡占し,それぞれが,世界の 4大会計事務所であるアーンスト・アンド・ヤング E&Y,デロイト・トウシュ・トーマツ,KPMG,プライスウォーターハウスクーパース PwCと提携して国際的に監査業務を行なっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

監査法人
かんさほうじん

公認会計士5人以上が社員(出資者)となり、内閣総理大臣の認可を受けて設立される公認会計士法上の特別法人。上場会社などの大企業に対する会計監査を個人組織の会計事務所が行うことの限界が指摘されたため、組織的監査体制を実現すべく、1966年(昭和41)の公認会計士法改正により制度化された。旧公認会計士法では、社員は全員が業務執行権をもつと同時に、業務について無限連帯責任を負うことになっていた。法律上の形態としては合名会社に近い制度であるが、規模の拡大により経営実態にあわなくなってきた。そのため、2008年(平成20)6月、公認会計士法等の一部が改正され、社員の全部を有限責任社員とする「有限責任監査法人」の制度が導入された。この制度では、有限責任監査法人の財産をもって完済することができない債務がある場合は、監査証明ごとに指定し通知する業務を担当する者、すなわち「指定有限責任社員」がその債務を弁済する責任を負い、それ以外の社員は出資の価額を限度として責任を負うことになる。また、この制度を採用する見返りとして、最低資本金額(社員の総数に100万円を乗じた額)や損害賠償責任保険への加入、計算書類に関する監査報告書の開示などが制度化された。

 2009年12月末現在の監査法人数は195社に達し、大手監査法人は、国際的な会計事務所と提携してグローバルな監査業務を展開している。

[長谷川哲嘉・中村義人]

『池田唯一・三井秀範監修、大来志郎・野崎彰・町田行人著『新しい公認会計士・監査法人監査制度――公正な金融・資本市場の確保に向けて』(2009・第一法規)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

監査法人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

監査法人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation