@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

監獄【かんごく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

監獄
かんごく
prison
自由刑の受刑者刑事被告人および被疑者死刑判決の言い渡しを受けた者を強制的に収容する拘禁施設をいう。法務大臣の管理下におかれている。現行監獄法では懲役監禁錮監拘留場拘置監に区分されているが (1条) ,一般には法務省設置法 13条の3に基づき地名を冠した刑務所拘置所という名称で呼称されている。近年は,開放処遇などの新しい処遇方法が広まってきており,監獄のイメージにも変化が生じつつある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐ごく【監獄】
受刑者被疑者被告人などを拘禁するための施設。監獄法改廃に伴い、法律上の名称は「刑事施設」に改められた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんごく【監獄】
刑事に関する身柄拘禁を行う施設の総称として,明治初期以来,用いられてきた語。現在では,1908年公布の監獄法以下の諸法令が,その管理運営や被拘禁者の処遇などを定める。自由刑の執行を行う懲役監・禁錮監・拘留場と,死刑囚や刑事被告人・被疑者などを拘禁する拘置監とがある。警察の留置場は,これらの監獄に代用されるが,この代用監獄には人権保障上批判も多い。監獄法のほか,刑法や刑事訴訟法も〈監獄〉の語を用いているが,大正期の行刑刷新以来,〈~監〉は〈~場〉に,施設の名称としては刑務所や拘置所などに変えられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

監獄
かんごく

自由刑の受刑者、刑事被告人・被疑者、死刑の言渡しを受けた者などを拘禁するための営造物をさす古い用語。1908年(明治41)に制定され2007年(平成19)に廃止された監獄法の下で用いられていた。監獄法にかわって施行された刑事収容施設法により、長い間使われてきた「監獄」という名称は法令上廃止され、現在では「刑事施設」という名称が用いられている。

[石川正興]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐ごく【監獄】
〘名〙 刑の言い渡しを受けた者及び拘留された被疑者、被告人を拘禁する施設。刑務所、少年刑務所及び拘置所の総称。監獄所。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「監獄の長に、この黒人を〈略〉渡すべからずと戒嘱し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

監獄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

監獄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation