@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

監督【カントク】

デジタル大辞泉

かん‐とく【監督】
[名](スル)
取り締まったり、指図をしたりすること。また、その人や機関。「工事現場を監督する」「試験監督
映画・舞台・スポーツ競技などで、グループやチームをまとめ、指揮・指導する役の人。「撮影監督
日本の聖公会メソジスト教会における第二次大戦前の職制名。主教司教にあたる。
法律で、人または機関の行為が、その守るべき義務に違反していないか、その目的達成のために適当か否かを監視し、必要なときには指示・命令などを出すこと。
[補説]書名別項。→監督

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんとく【監督】[書名]
海老沢泰久のスポーツ小説。昭和54年(1979)刊。広岡達朗をモデルに、弱小球団を立て直す闘将の姿を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんとく【監督 episkopos[ギリシア]】
キリスト教において,使徒の権能を受け継ぎ,一定地域の教会の統轄に当たる聖職者。その起源は不明で,初代教会では監督と長老の区別がはっきりしないが,2世紀中葉ごろまでに監督は聖職の最高位として確立し,のちに司教(カトリック教会)または主教(東方正教会など)の名称で呼ばれ,さらにそのなかで階次ができた。宗教改革後,プロテスタント教会も監督の聖職を継承したが,その解釈は教派によって異なる。【森安 達也】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かん‐とく【監督】
〘名〙
① (━する) 指図をしたり見張ったりして、取り締ること。また、その人。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「乃ち之をして学校を監督せしめ教師を取扱はしむべし」 〔後漢書‐荀彧伝〕
② 特に、映画、舞台、運動競技などの指導や、工事現場などの取り締りをする役の人。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「法国の紬緞製造場の監督(〈注〉カシラ)となり」
③ 法律で、ある人または機関が、他の人または機関の行為を、不法、不利に陥らせないように監視、検査をすること。
※民法(明治二九年)(1896)八二条「法人の解散及び清算は裁判所の監督に属す」
④ (キリスト教会の監督者・指導者の意) 聖書の「エピスコポス」の訳語。明治期から第二次大戦のころまで用いられた。現在は司教、主教などを用いる。
※引照新約全書(1880)腓立比書「キリストイエスに在(ある)すべての聖徒および監督(カントク)執事に書(ふみ)を達(おく)る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

監督」の用語解説はコトバンクが提供しています。

監督の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation