@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

監護者性交等罪【カンゴシャセイコウトウザイ】

デジタル大辞泉

かんごしゃせいこうとう‐ざい〔カンゴシヤセイカウトウ‐〕【監護者性交等罪】
18歳未満のに対して、などの監護者がその影響力に乗じて性交等をする罪。刑法第179条が禁じ、強制性交等罪と同様の処罰が適用される。監護者性交罪

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

監護者性交等罪
刑法が2017年に改正され、「強姦(ごうかん)罪」は「強制性交等罪」に改められ、子どもを保護する立場の親などが加害者となった場合の「監護者性交等罪」と「監護者わいせつ罪」が新設され、暴行脅迫がなくても罪に問えるようになった。現行刑法が制定されて以来、110年ぶりの改正。さらに、性犯罪すべてが被害者の告訴がなくても罪に問える非親告罪になった。
(2020-12-12 朝日新聞 朝刊 徳島全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

監護者性交等罪
かんごしゃせいこうとうざい

18歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じて性交、肛門(こうもん)性交または口腔(こうくう)性交(以下、性交等という)を行った罪(刑法179条2項)。2017年(平成29)の刑法改正により新設された。この改正と同時に設けられた強制性交等罪(同法177条)と同様に処罰され、5年以上の有期懲役に処せられる。起訴にあたって被害者の告訴は必要とされていない(非親告罪)。ただし強制性交等罪とは異なり、暴行または脅迫がなくても処罰される。

 条文中の「現に監護する者」(監護者)とは、親権者、後見人など法律上の監護権を有する者のみならず、事実上、現に18歳未満の者との間に継続的な保護・監督の関係があればよい(民法820条参照)。したがって、実親、養親のほか、養護施設の施設職員などはこれにあたるが、教師、雇用主、任意団体(スポーツ、音楽など)の指導者などは、現に強い影響力を有するとしても、これに該当しない。また、本罪では監護者がその影響力を意図的に利用することを要するから、監護者が性交等をしたというだけでは本罪にあたらない。

[名和鐵郎 2018年1月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

監護者性交等罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

監護者性交等罪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation