@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

目付【めつけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

目付
めつけ
室町時代以後の武家の職制。横目ともいう。室町時代初期,幕府侍所の所司代被官としておかれたのに始り,戦国時代には戦陣における監察者をこう呼んだ。江戸幕府では元和3 (1617) 年設置。定員は 10名で旗本から選ばれ,若年寄耳目として旗本御家人を監察した。各藩においても同様の制度がおかれていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

め‐つけ【目付】
室町時代以降の武家の職名。室町初期、侍所(さむらいどころ)所司代の被官として置かれ、戦国期には戦陣の監察や敵の内情を探るのに当たった。江戸時代、幕府では若年寄に属し、旗本御家人の監察などに当たった。また、諸藩にも置かれた。横目。→大目付(おおめつけ)
こっそり監視すること。また、その人。→御(お)目付け
「野にも山にも宿泊まりに―を付けてこれを見す」〈謡・熊坂
目印。目当て。
「屋根の上に鳶(とび)の二つありしを―にしたりしが」〈咄・醒睡笑・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めつけ【目付】
(1)室町時代,侍所所司代の下にあって,京中の盗賊などの動静を探った者を称した。1451年(宝徳3)当時侍所頭人(とうにん)であった京極持清が召し使う目付某を,管領畠山持国の被官が持清に通報せずに誅殺したので,持清が怒って畠山亭に押し寄せようとした事件がある。彼らは小舎人(こどねり),下部(しもべ)などとは別で,侍所頭人あるいはその被官である所司代の私的被官であった。持清の被官多賀高忠が所司代のとき(1466ころか)目付であったという骨皮左衛門道元(道源)なる者は,応仁の乱に際して東軍の細川勝元に金品をもって誘われ,手勢300人で稲荷山に陣取って西軍の糧道を断とうとしたが,西軍の勢に攻められて〈所々ノ悪党・物取(ものとり)共ナリケレバ〉(《応仁別記》)散り散りに逃げ失せ,道元も女装して逃げるところを山名勢の〈河原ノ者〉に討ち取られたという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

目付
めつけ
室町時代には侍所(さむらいどころ)所司代の下で盗賊追捕(ついぶ)などに従った者、戦国~織豊(しょくほう)期には敵情偵察や戦功の査察、武将の施政監察などにあたった者をいう。江戸時代には幕府、諸藩の職名。幕府の目付は、慶長(けいちょう)・元和(げんな)期(1596~1624)より置かれ、人数は初め十数人から二十数人に及んだが、1732年(享保17)以降10人に固定し、十人目付と称された。若年寄に属して、江戸城内外の査察、殿中礼法の指揮、評定所(ひょうじょうしょ)立会い、万石以下急養子の判元見届け、御成(おなり)の行列の監督などを勤めた。また常時、本番・加番2人の目付が城内に宿直し、非常に備えた。幕末に増員され、外国掛、海防掛などの職務を分掌した。布衣(ほい)の職で、1665年(寛文5)役料500俵を支給(1682年、家禄(かろく)に加えられる)。1723年(享保8)制定の役高は1000石とされた。西の丸にも置かれ、初めは臨時の職であったが、1724年以降常置となった。同名の職は諸藩にも置かれ、職掌は多岐にわたった。[松尾美恵子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めっか・る【目付】
〘自ラ五(四)〙 (「みつかる(見付)」の変化した語。「めつかる」「めづかる」とも) 目にとまる。見つけることができる。
※雑俳・柳多留‐八(1773)「書置はめつかり安い所へおき」
※黄表紙・三筋緯客気植田(1787)上「中の丁で二三どあいの、めづかりの、はれてきてくだせへという手できゃくを引くより外に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

め‐つき【目付】
〘名〙 物を見るときの目の様子。まなざし。めづかい。めもと。
※御伽草子・秋の夜の長物語(南北朝)「ほれぼれと見かへりたる目つき顔ばせいふ計なき様」
※三国伝記(1407‐46頃か)一二「利智の目輔(ツキ)盼々として弁話の口輔倩々たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めっ・ける【目付】
〘他カ下一〙 (「めつける」とも) 「みつける(見付)」の変化した語。
※洒落本・南客先生文集(1779‐80)「あっちの客がめっけやアしねへか」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「小裁をめつけたら、拵よう拵ようと思った所」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

目付
めつけ
江戸幕府の職名
戦国時代の家臣に対する監察官に由来する。江戸幕府の若年寄の耳目として旗本や御家人の監察にあたった。1617年に設けられ,定員10名。諸藩にも同様の制度があった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

目付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation