@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

目安箱【めやすばこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

目安箱
めやすばこ
目安 (訴状) を入れる。江戸幕府8代将軍徳川吉宗享保6 (1721) 年8月に江戸城竜ノ口評定所前に設置し,民意聴取のための一施設とした。訴状によって小石川養生所が設置され,江戸市中防火方針が決定されたりした。諸藩でも設置したところがあり,投書者は庶民浪人に限られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めやす‐ばこ【目安箱】
享保6年(1721)8代将軍徳川吉宗享保の改革の一つとして評定所前に設置して庶民の進言・不満などを投書させた箱。箱は将軍の面前で開けられ、将軍が自ら開封し覧した。訴状箱。→箱訴
官公庁や学校などで、広く意見を募るために設置される投書用の箱。→パブリックコメント

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めやすばこ【目安箱】
江戸幕府8代将軍徳川吉宗が創設した将軍への直訴状を受理する箱。1721年(享保6)8月以降毎月3回評定所前に設置。政治上有益な意見や不満の陳述を庶民に求めた。その後京都,大坂,駿府,甲府などにも置いた。言路を開いて庶民の不満の解消をはかるとともに,将軍が直接下からの情報をにぎることによって,諸役人の監督を強化しようという意図もあった。施政上具体的に活用された意見も少なくない。【辻 達也】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めやすばこ【目安箱】
享保の改革で将軍吉宗が評定所門前に設置した直訴状を受理する箱。毎月三回、将軍が投書を閲読した。訴状箱。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

目安箱
めやすばこ
江戸幕府8代将軍徳川吉宗(よしむね)が享保(きょうほう)の改革の一環として、将軍への直訴(じきそ)状を受理するため設けた箱。1721年(享保6)8月以降毎月三度評定所(ひょうじょうしょ)の前に置き、27年からは京都・大坂に、36年(元文1)からは駿府(すんぷ)(静岡市)・甲府にも設けた。箱は将軍の面前で錠があけられ、訴状は将軍が自ら開封し、その採否は将軍の一存によった。この箱設置の目的は、言路を開いて庶民の不満の解消を図るとともに、広く施政上有益な建言を求めること、さらに将軍が直接下からの情報を握ることによって諸役人の監督を強化し、行政機構の緊張を高めようという意図もあった。その結果は、すでにその年の秋、浪人山下幸内(こうない)が吉宗の緊縮政策を大胆に批判した上書を投じて評判になったのをはじめ、救貧、防火、新田開発など諸方面にわたる意見が施政に採用され、享保以降においても幾多の効果を示す事例が知られている。[辻 達也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めやす‐ばこ【目安箱】
〘名〙 広く庶民の要求や不満などの投書を受けるために設けられた箱。古く、戦国時代には置かれていたというが、享保六年(一七二一)、徳川八代将軍吉宗によって、評定所の門前に置かれ、庶民の利用を奨励した。諸役人の非行を正し、行政の厳正をはかるのに役立った。幕府にならってこれを置いた藩もあった。訴状箱。
※甲陽軍鑑(17C初)品一七「御陣留主には、御蔵の前衆、目安をうけとり、目安箱(ハコ)に入置也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

目安箱
めやすばこ
江戸中期,享保の改革で8代将軍徳川吉宗が設置した投書箱
1721年吉宗は政治改革の参考にするため広く各層の意見を聴取しようと,江戸城竜ノ口評定所前に投書箱を設置した。これにより小石川養生所の設置,江戸市中町火消の制などが定められ,以後歴代将軍もこれをうけついだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目安箱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

目安箱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation