@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

目白【めじろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

目白
めじろ
東京都豊島区南部にある地区住宅街で,地名は目白不動があったことに由来する (現在は豊島区新長谷寺にある) 。大正末期から宅地開発が進み,また学習院大学など大学も多く文教地区の1つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

め‐じろ【目白/眼白】
スズメ目メジロ科の鳥。全長12センチくらい。背面が黄緑色、腹面が淡黄色で、目の周りが白い。虫や果実を食べるが、舌の先がブラシ状になっていてツバキなどの花蜜も吸う。東アジアに分布。日本では山林にすみ、冬は小さな群れをつくる。鳴き声を楽しむためによく飼われた。 夏》「菜畑の日和をわたる―かな/石鼎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

めじろ【目白】
スズメ目メジロ科の小鳥の総称。
の一種。スズメよりやや小さめで、背面は美しい黄緑色、腹面は淡い黄色。目の周囲に白い縁どりがある。群れをなして広葉樹林にすみ、細いくちばしで花蜜を吸い、果実や小昆虫を食べる。都会地の餌台にも来る。さえずりが美しく、籠鳥として飼われる。東南アジアに広く分布し、日本でも各地で繁殖する。繡眼児。 [季] 秋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

目白
めじろ
東京都豊島区(としまく)南部、山手(やまのて)線目白駅周辺の地区。文京区南西端にも目白台の町名があり、元来はここの地名といわれる。かつて白馬を産し、目白は「馬白(めじろ)」の意味という。なお江戸五色(ごしき)不動の一つ目白不動は、目白・目白台両地区の間(高田2丁目)の金乗(こんじょう)院にある。不動は初め文京区関口の目白坂上の新長谷(しんはせ)寺(戦災で廃寺)にあったもの。目白通りは目白新坂(目白坂の北方)から目白駅、練馬区を経て西東京市に至る。目白駅東側に学習院大学がある。[沢田 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

目白 (メジロ)
学名:Zosterops japonica
動物。メジロ科の鳥

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目白」の用語解説はコトバンクが提供しています。

目白の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation