@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

目録記入【もくろくきにゅう】

図書館情報学用語辞典

目録記入
書誌的記録手書きまたは印刷したもので,記述標目所在記号等からなり,参照とともに目録の構成単位となる”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).記入ともいう.基本記入方式では,資料の識別上最も詳細な記述をする基本記入と,これを簡略化した補助記入(副出記入,分出記入)とを区別しているが,非基本記入方式である記述ユニット方式ではこれらの区別はない.一方,機械可読形の書誌的記録は「MARCレコード」と呼ばれる.なお,『英米目録規則第2版』では「記入」の概念は,“目録における記述対象の記録”と定義され,上記の規定の「書誌的記録」にあたることに注意する必要がある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目録記入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

目録記入の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation