@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【もく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


もく
order
生物分類学における分類群の一階級で,と科との間におかれるもの。植物の場合には,タイプになる属名ラテン語語尾に-alesを付すことになっている。動物の分類では特に規定されていないが,菌類ではおおよそ植物の慣行に従っている。目の上下に下綱,上目,(目) ,亜目のように各種分類階級を設けることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ま【目】
め。多く、複合語として用いる。「のあたり」「つげ」「なじり」「なざし」「なかい」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

め【目/眼】
[名]
物を見る働きをする器官。光線・色などを感受して脳に送る感覚器官で、脊椎動物では眼球およびその付属器の涙腺などと視神経からなる。「澄んだ美しい―」「―をあける」
物を見るときの目つき。まなざし。「するどい―で見る」
物を見る能力。視力。「―が悪い」
見ること。見えること。「お―にかける」
注意して見ること。注目。「世間の―がこわい」
見分ける力。洞察力。「私の―に間違いはない」
見たときの印象。外観。「見た―がよくない」
その者が出会ったありさま。体験。「つらい―にあう」「いい―を見る」
位置・形状などが1に似たもの。
㋐主要な点。物の中心。「台風の―」
㋑眼球の形をしたもの。「うおの―」
㋒縦・横の線などが交わってできるすきま。「網の―」「碁盤の―」
10 線状に1列に並んだものの間にできたすきまや凹凸。「櫛(くし)の―」
11 のこぎりの歯や、やすり・すりばちなどの表面に付けた筋。「―立て」
12 賽(さい)の面につけられた一から六までの点。また、振るなどして表れたその数。「賽の―」「いい―が出る」
1312から転じて》よい結果になる可能性。「優勝の―はもう消えた」
14 囲碁で、連結が完全な石で囲んである空点。「―が二つで活(いき)」
15 物差し・はかりなどに数量を示すために付けたしるし。「はかりの―」
16 はかり・升などではかった量。重さ。「―が足りない」
17 木材の切り口に現れる年輪の線。木目(もくめ)。「―の粗い板」「正(まさ)―」
18 文様または紋所の名。方形またはひし形の中心に点を一つ打った形のもの。「五つ―」
[接尾]
数を表す語に付いて、その順序にあたる意を表す。「二番―」「一〇年―」
動詞の連用形に付いて、その状態にあること、また、その状態にあるところを表す。「弱り―」「落ち―」「結び―」「別れ―」「こげ―」
形容詞の語幹に付いて、そのような性質や傾向をもっている意を表す。「長―」「細―」
数を表す語に付いて、匁(もんめ)の意を表す。「百―」「一貫―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく【目】
[名]
生物分類の段階の一。の下、の上に位置する。「昆虫綱トンボヤンマ科」
律令制で、国司主典(さかん)のこと。
[接尾]助数詞。囲碁で、碁盤の目(め)の数や碁石の数を数えるのに用いる。「三勝つ」「二置く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく【目】[漢字項目]
[音]モク(呉) ボク(漢) [訓]め ま さかん
学習漢字]1年
〈モク〉
め。「目前刮目(かつもく)耳目衆目属目(しょくもく)着目注目鳥目瞠目(どうもく)眉目瞑目(めいもく)面目
目で見る。めくばせする。「目撃目送目測目礼一目
めじるしとするもの。内容を表すもの。「目次目的目標目録曲目書目題目名目
分類上の区分。「科目項目綱目細目種目条目
大切な箇所。「眼目要目
主となる者。「頭目
碁盤上の交点。「一目井目(せいもく)
〈ボク〉め。「面目
〈め〉「目玉目安境目白目役目横目
[名のり]より
[難読]傍目(おかめ)傍目(はため)御披露目(おひろめ)粗目(ざらめ)真面目(まじめ)目差(まなざ)し目映(まば)ゆい目眩(めくるめ)く目出度(めでた)い目眩(めまい)目論見(もくろみ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく【目】[漢字項目]
もく

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

 国司の位の中の一番低いものが「目」です。国の等級によっては、大・少2つの「目」が置かれました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さかん【目】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

もく【目】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もく【目】
[1]
生物分類上の一段階。綱の下位、科の上位にあたる。 霊長-亜目
律令制で、国司の主典さかん
名目。 みだりに堂上といふ-を以て地下に誇る事/国歌八論
接尾
助数詞。囲碁で、碁石や碁盤の目を数えるのに用いる。 一〇-負ける 二-置く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ま【目】
〘名〙 「め(目)」の古形。多く、他の語と熟して用いられる。「まつ毛」「まなこ」「まなじり」「まなかい」「まぶた」「まもる」「まばゆし」「まのあたり」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく【目】
[1] 〘名〙
① 条項の小分け、また、何段階かに分類する階級の一つ。
(イ) 箇条、条目。
※令義解(718)公式「凡案成者。具条納目。〈謂。〈略〉目目録也。〈略〉此皆毎目別巻〈略〉〉目皆安軸」 〔論語‐顔淵〕
(ロ) 箇条書きなどで、「項」の下、「節」の上位に当たる区分。
※会計法(明治二二年)(1889)六条「第一各省の予定経費要求書、但し各項各目の明細を記入すべし」
(ハ) 生物分類上の階級の一つで、「綱」の下で「科」の上位に当たる区分。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉三「凡植物の大綱を、二十四に別つは〈略〉其一綱毎に各数目あり」
② 内容を示す標題、目録の類。
※延喜式(927)一一「凡諸国考選文及雑公文。〈略〉訖弁官惣計造目申太政官
③ 令制で、国司の第四等官。主典(さかん)のこと。
※二十巻本和名抄(934頃)五「佑官 〈略〉国曰目郡曰主張家曰書吏〈皆佐官〉」
④ (「目安(めやす)」「目当て」などの意で) もくろみ。たくらみ。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「僕は〈略〉猶文学の何れの方面を指す可きであらふかと、其目を請ひ問ふた」
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)二「鳥居前で、目(モク)で一杯やりかけう」
[2] 〘接尾〙 囲碁で、碁盤のめを数えるのに用いる。また、碁石の数にもいう。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉八「あれは天性の利溌者でござる。〈略〉男も一二目(モク)はおかねばならぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく‐・する【目】
〘他サ変〙 もく・す 〘他サ変〙
① 見る。目をつける。見つめる。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉三「公蘭丸を目して曰く汝何ぞ言はざると」
② 目で知らせる。目くばせする。
※九暦‐逸文・承平七年(937)三月二八日「天皇目大臣、大臣進返給」
③ そうであると認める。見なす。評価する。
※近世畸人伝(1790)題言「畸人をもて目すといへども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく‐・す【目】
〘他サ変〙 ⇒もくする(目)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation