@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

直下【ジキゲ】

デジタル大辞泉

じき‐げ〔ヂキ‐〕【直下】
すぐ下。ちょっか。また、即座
「彼は―に、立本寺の門前をありありと目に浮かべた」〈芥川・偸盗〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょっ‐か〔チヨク‐〕【直下】
[名](スル)
ある物の、まっすぐ下。ました。「赤道直下」⇔直上
まっすぐにさがること。一直線に落ちること。「急転直下」⇔直上
「冷たい感覚が彼の背筋の真中を、閃くが如くに―した」〈佐藤春夫田園の憂鬱
自分より下に見ること。見下すこと。また、そのもの。
「才におごる御心ましませばこそ、御兄法性寺殿を…―とおぼしめされけめ」〈古活字本保元・中〉
[名・形動]《近世語》たやすいこと。また、そのさま。
「山伏修行といふ物は中々―な事と思ふべからず」〈当風辻談義〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じき‐げ ヂキ‥【直下】
〘名〙 真下。すぐ下。ちょっか。また、即座。「に」を伴って副詞的に用いることが多い。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「直下(ぢきげ)に第二人なきことをしるべし」 〔運歩色葉(1548)〕
※授業編(1783)四「のたまへば直下(ジキゲ)に其ことわりを会得あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょっ‐か チョク‥【直下】
〘名〙
① ある物の、まっすぐ下であること。また、そのさま。すぐ下。ま下。目の下。「赤道直下の国」
※源平盛衰記(14C前)二八「海漫々として直下(チョクカ)と見下せば底もなし」 〔白居易‐新楽府・海漫漫〕
② (━する) (形動) まっすぐに下ること。一直線に下ること。また、そのさま。
※大菩薩峠(1913‐41)〈中里介山〉慢心和尚の巻「兵馬は天守台の櫓の屋根の上から疑問の提灯が切って落したやうに真一文字に直下(チョクカ)するのを見ました」 〔李白‐望廬山瀑布詩〕
③ (━する) 自分より下に見ること。見下すこと。また、そのもの。
※保元(1220頃か)中「御兄法性寺を、詩哥は楽の中の翫、能書は賢才のこのむ所にあらず。などとて、直下(チョクカ)とおぼしめされけめ」
④ (形動) 時間を置かないこと。間髪を入れないこと。また、そのさま。すぐ。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)一「従来の身心を放下して、只直下に他に随ひ行けば、即ち実の道人にてある也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation