@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

直列接続【ちょくれつせつぞく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

直列接続
ちょくれつせつぞく
serial connection
cascade connection

電気工学において、複数の電源、回路素子などを縦一列につなぐことをいう。シリアル接続、カスケード接続ともいう。この場合、すべての電源、回路素子を流れる電流の大きさは等しい。直流回路においては、抵抗が直列に接続されると全体の抵抗(合成抵抗)は各抵抗の和となる。また、電源が直列に接続されると合成電圧は各電源電圧の代数和(正・負の値の加算による和)となる。交流回路においては、単独、あるいは組み合わされた回路素子の一群のもつインピーダンスが直列に接続されると、合成インピーダンスは各インピーダンスの和となる。ただしこの場合、各インピーダンスおよび合成インピーダンスともに複素数(実数と虚数単位で表される数)表示された量である。また、交流電源が直列に接続されるのは各電源の周波数が等しい場合が多く、この場合、合成電圧は各電源電圧の和となる。この場合も、各電源電圧および合成電圧ともに複素数表示された量である。実際には各電源電圧の位相をあわせて動作させることが多く、この場合は、合成電圧は各電源電圧を単に加え合わせたものとなる。直列接続に対して複数の電源、回路素子などを横一列につなぐことを並列接続という。

[布施 正・吉澤昌純]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょくれつ‐せつぞく【直列接続】
直列2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直列接続」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直列接続の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation