@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

直垂【ひたたれ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

直垂
ひたたれ
男性用和服の一種。平安時代末期,庶民の労働着として発達し,筒袖の垂領 (たりくび) の上衣に,丈の短い四幅 (よのばかま) 姿であった。これを武士鎧下に着用するようになり,鎌倉時代には武士の日常着となり,袖も広袖となった。袴と合せて用いる二幅の身に一幅半の袖をつけ, (おくみ) がなく,闕腋 (わきあけ) を特色とした。武士の台頭につれて,公家にも私服として着用されるようになり,武士の場合は袷 (あわせ) であったが,公家の場合は単 (ひとえ) で,袖に袖くくりの紐を通し,先が露として垂れていた。従来の直垂は鎧直垂といわれ,もっぱら軍陣用のものとなった。室町時代には上級武士の礼服となり,袴も長袴となって,地質も綾などのが使用された。江戸時代になると,直垂は将軍以下諸大名,三位以下侍従以上の大礼服となり,白小袖に直垂,風折烏帽子 (かざおりえぼし) というのが武家最上礼装となった。明治以降は,宮廷の楽人服として制定され,一般の礼装としては用いられなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひた‐たれ【直垂】
垂領(たりくび)衽(おくみ)がなく、組紐(くみひも)の菊綴(きくと)じ・胸紐があり、袖括(そでぐくり)をつけて露(つゆ)を垂らした衣服。袴(はかま)と合わせて着用し、裾を袴の中に入れた。紗(しゃ)生絹(すずし)などで作る。もとは庶民の平服であったが、鎌倉時代以後は武家の礼服となり、また公家(くげ)の常服にも用いられた。室町時代には風折烏帽子(かざおりえぼし)をかぶるようになり、江戸時代には侍従以上の礼装として長袴を用いた。
鎧(よろい)直垂」の
直垂衾(ぶすま)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひたたれ【直垂】
鎌倉時代以後,武家の間に多く用いられた垂領(すいりよう)(たりくび)式の衣服で,上体衣と袴の上下で一具となっている。この服装はもと庶民の用いたもので,古く古墳時代の埴輪(はにわ)の男子像に見る衣褌(きぬはかま)が,7~8世紀のころ中国から伝わった新様式の盤領(ばんりよう)(あげくび)形の唐式服装((ほう))の流行とともに,上流者の間では用いられなくなり,庶民服となって残ったものと思われる。平安・鎌倉期の絵巻物などに見られる,庶民の男子の着ている筒袖衣にひざまでの括(くくり)袴をはいた袖細(そでぼそ)の姿がこれで,やがて庶民階級から起こった武家の間でしだいに形をととのえながら,完成されていったものであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひたたれ【直垂】
垂領たりくび・闕腋けつてき・広袖で、組紐くみひもの胸紐・菊綴きくとじがあり、袖の下端に露つゆがついている上衣と、袴と一具となった衣服。古くは切り袴、のちには長袴を用いた。元来は庶民の労働着で、身幅・袖幅の狭い、布製の上衣であった。彼らが武士として活動するようになって、端袖はたそでを加え、共布の袴を着けるなど形を整えた。鎌倉時代には幕府出仕の公服となり、江戸時代には三位以上の武家の礼服となった。
直垂衾ぶすまの略。
よろい直垂に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

直垂
ひたたれ
(1)古代から中世にかけて、庶民や地方武士が用いた上着。また中世後期、近世に礼装として武家に用いられた上下一対の衣服。この名称は、上着に衽(おくみ)がなく、襟が垂直に縫い付けられていることによる。布二幅(ふたの)でつくられた貫頭衣式の「ちはや」から生まれたと考えられ、ちはやの前面、縦中央部を落とし、それを襟に使って縫い付け、袖(そで)を加え、はだけるのを防ぐため、両胸に紐(ひも)をつけて結ぶ。下に細く短い括(くく)り袴(ばかま)をはき、直垂の裾(すそ)を袴の中へ入れた。
 鎌倉時代、武家勢力の進展とともに、直垂の袖を広く、一幅半に大きくつくり、袴も同じ生地(きじ)で六幅(むの)仕立てとし、上下組合せとして体裁を整えるに至った。また、水干(すいかん)に倣って菊綴(きくとじ)をつけたが、房とせず丸組紐を「も」の字形に結んで縫い目の要所に綴じ付けている。生地(きじ)として麻布のほか絹織物も用いられ、袴の腰(紐)を白平絹でつくるものとした。直垂姿には初め立烏帽子(たてえぼし)が使われたが、しだいに折(おり)烏帽子を好んでかぶるようになり、室町時代には武家の礼装として、烏帽子、直垂、大帷(おおかたびら)、小袖(こそで)、小刀(ちいさがたな)、末広の構成に定め、さらに大型の文様をつけた大紋(だいもん)、麻布製で袴の腰を同じ生地で仕立てた素襖(すおう)の区別も生じた。なお、武家少年の礼装として長絹の直垂が使われた。江戸時代には侍従以上の上級武士の礼装として長袴を用い、下に白小袖を着た。一方、鎌倉時代に、鎧(よろい)の下に着用する直垂は袖を細くつくり、合戦に臨んで武士の一期(いちご)を飾るにふさわしく華麗なものとし、房の菊綴をつけ、袖括りを差し通し、上級の者は錦(にしき)、綾(あや)、唐(から)織物または刺しゅう、下級の者は村濃(むらご)、括り染め、摺型(すりがた)などによって意匠を凝らした。(2)平安時代に、公家(くげ)の夜着として用いられた衽のない衣。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひた‐たれ【直垂】
〘名〙
① 方領(ほうりょう)・闕腋(けってき)の肩衣(かたぎぬ)に袖をつけた衣服。袴と合わせて着用する。元来は庶民の労働着であったものが、平安末期から武士の日常着となり、水干にならって鰭袖(はたそで)・袖括(そでぐくり)・菊綴(きくとじ)が加えられ、鎌倉時代には幕府出仕の公服となり、室町時代には公家も私服とした。また、江戸時代には風折烏帽子をかぶり、袴を長袴として礼服となり、式日の所用とされた。
※多武峰少将物語(10C中)「くるみ色の御ひたたれ」
※とはずがたり(14C前)四「大名ども、浄衣などにはあらで色々のひたたれにて参る」
※兵範記‐保元三年(1158)二月九日「今夜執聟事密々営之〈略〉男女相伴被帳中、下官覆衾 直垂也」
③ 鎧直垂のこと。
※平家(13C前)二「赤地の錦の直垂に、黒糸威の腹巻の白がな物うったるむな板せめて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

直垂
ひたたれ
布製の上半身衣で,袴と合わせて用いた
平安時代は男子の常服であったが,武士が下に着用し,鎌倉時代に武士の出仕服となった。室町時代,公家の出仕服,さらに江戸時代に武士の礼装となった。烏帽子 (えぼし) を着用し,袖に括紐 (くくりひも) ,胸に胸紐をつけた。袴は切袴と長袴があり,江戸城中では,大名の大礼服として大紋 (だいもん) (大形のを染めた直垂)を着用した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直垂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直垂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation